無量塔蔵六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

無量塔 蔵六(むらた ぞうろく、1927年3月4日 - )は、日本ヴァイオリン製作者東京府に生まれ、旧制獨協中学校卒業後、楽団にてヴァイオリニストを務める傍ら、ヴァイオリンの制作、修繕を始めた[1]。いずれも独学であったが、太田貢(おおたみつぎ)、というピアノの響き坂を製作していた木工技師に戦後出会い、道具の使用法を学ぶ。又ヴァイオリン音響学を東京工業大学の教授永廻登に師事した。その後、永廻の勧めもあり西ドイツミッテンヴァルトへ留学し、日本で初めてガイゲン・バウ・マイスターの資格を取得した[1]

帰国後、東京ヴァイオリン製作学校を設立し、ヴァイオリン製作者を育成した。無量塔のヴァイオリン製作学校を卒業した生徒は、ドイツ連邦共和国国家資格があるため、Gesellpruefung(職人試験)と同等と見なされ、直接マイスター試験を受けられた。10人余りの生徒がマイスターの資格を取得している。

無量塔はまた、指導者、製作者としてだけでなく、ヴァイオリン製作コンクールの審査員としても国外の同僚から高く評価された。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『ヴァイオリン』岩波新書921 1975年

出典[編集]

  1. ^ a b 月刊「正論」