無痛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
無痛~診える眼~から転送)
移動先: 案内検索
無痛
PAINLESS
著者 久坂部羊
発行日 2006年4月25日
発行元 幻冬舎
ジャンル 医療ミステリー
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 508
次作 第五番 無痛II
公式サイト www.gentosha.co.jp
コード ISBN 9784344011588
ISBN 9784344411982文庫
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

無痛』(むつう)は、久坂部羊小説2006年4月25日幻冬舎から単行本が刊行され、2008年9月24日幻冬舎文庫版が発刊された。2012年2月10日には続編『第五番』が幻冬舎から刊行された(幻冬舎文庫版は『第五番 無痛II』に改題)。現役の医師でもある作者の3作目の小説。

2015年10月7日から12月16日まで『無痛〜診える眼〜』のタイトルでテレビドラマ化。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

テレビドラマ[編集]

無痛〜診える眼〜
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2015年10月7日 - 12月16日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 清水一幸(編成企画)
演出 佐藤祐市
木下高男
山内大典
原作 久坂部羊『無痛』
脚本 大久保ともみ
香坂隆史
プロデューサー 貸川聡子(共同テレビ)
出演者 西島秀俊
伊藤淳史
石橋杏奈
伊藤英明
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 データ放送
エンディング Superfly黒い雫
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は3分前倒し・18分拡大(21:57 - 23:09)[1]
第4話はSMBC日本シリーズ 第4戦 「東京ヤクルト×福岡ソフトバンク」戦延長のため、105分繰り下げ(23:45 - 翌0:39)[2]
12月2日は『2015 FNS歌謡祭』(19:00 - 23:18)のため休止[3]
テンプレートを表示

無痛〜診える眼〜』(むつう みえるめ)のタイトルで、2015年10月7日から12月16日まで毎週水曜日22:00 - 22:54に、フジテレビ系の「水曜10時」枠で放送された。小説を原作に、医療ドラマと刑事ドラマの要素を兼ね備えたオリジナルストーリーとなっている[4][5]。主演は西島秀俊[6]

放送時には主演の西島秀俊や監督の佐藤祐市(共同テレビ)、製作陣がリアルタイムでドラマを視聴し、感想や収録時の様子を番組公式Twitterでツイートしている[7]

あらすじ(テレビドラマ)[編集]

医師の為頼英介には、外見を見るだけでその人が抱えている病気がわかり、犯罪者の顔にだけ表れる兆候(=犯因症)を見ることができる不思議な能力がある。しかしその能力を公言することはなく、普通の町医者として細々と診療を続けていた。ある日の外出中、すれ違った男の顔に犯因症が浮かび上がっているのを見た英介は、事件が起こる前にいち早く警察に通報し、自らも現場に駆けつけ、予想通り暴れはじめた男に傷つけられた義姉・井上和枝たちの救助にあたる。その様子を見て興味をもった刑事の早瀬順一郎はやがて英介の特殊能力に気づき、自身が担当する事件の容疑者たちの顔を英介に見せるようになる。最初は気乗りがしなかった英介も、早瀬の真剣さと押しの強さに負けて協力するようになり、英介の助言で数々の事件が解決する。しかし早瀬は特に刑法39条が絡むと発砲したり手が出るなど行き過ぎた行為にはしり、その顔には犯因症も浮かび上がるため、英介は危うさを感じていた。

英介の能力には、時折患者を紹介されていた白神メディカルセンターの院長・白神陽児も気づく。白神は英介に自分も同じ能力を持っていることを打ち明け、無痛治療の研究に力を注いでいることや、そのために先天性無痛症であるイバラのデータを取り続けていることなどを明かす。一緒にやろうという白神の誘いに戸惑うが、早瀬が犯因症を治したいと願っていることや、亡くなる寸前の妻の顔にも犯因症を見ていた英介は、犯因症に関する研究もさせてもらうことを条件に白神の病院でも働くことを決める。

白神メディカルセンターでは、臨床心理士の高島菜見子が幼少期から虐待を受けて児童養護施設に保護されていた南サトミのカウンセリングを担当していた。菜見子が過去のクライアントに襲われた事件[8]で白神メディカルセンターに来ていた早瀬は、サトミが描いた絵が落ちているのを見つけ[9]、愕然とする。それは7か月前に起こった未解決の石川一家殺害事件で、被害者4人の遺体が頭にビニール袋を被せた状態で並べられていた事件現場を描写したとしか思えないものだった。絵を描いたのがサトミだと知った早瀬は、非公式な捜査で現場に残っていた髪の毛とサトミの髪の毛が一致することを確認し、サトミこそが石川一家殺害事件の真犯人であると確信する。

そんな中、菜見子が自宅で襲われ、頭にビニール袋を被せられた瀕死の状態で発見される。現場に残っていた足跡は菜見子が過去に交際していた佐田要造のものと一致。以前から菜見子の周りをうろついていた佐田と顔を合わせていたにも関わらず、犯因症を見抜けなかった英介はショックを受ける。状況が石川一家殺害事件の現場と酷似しているため、捜査本部は石川一家殺害事件についても佐田の犯行説を疑うが、菜見子のロッカーからバラバラにされた佐田の手が見つかる。そして佐田を殺した犯人として白神メディカルセンターで清掃員として働くイバラが逮捕されるが、イバラが犯行時のことを何も覚えていないと話していることや、面談してもその顔から犯因症が見えない英介は、本当にイバラの犯行なのか疑問を抱く。

イバラは隙を見て留置場を脱走し、自分が石川一家を殺す様子を目撃したというサトミと逃走する[10]。警察はイバラが連れ去ったとみていたが、普段と犯行時のイバラの様子が違うことに疑問を感じたサトミは自らの意志でイバラと行動を共にしていた。しかしサトミの具合が悪くなったためイバラはサトミをおぶって英介の診療所へ戻り、そこで白神のデスクから持ち出していたUSBメモリも英介に託す。中には白神がイバラに服用させてきた無痛治療新薬の治験データが入っていたが、石川一家殺害事件が起こった日には新薬が過剰投与され、記憶障害や意識混濁、凶暴性増加などの副作用が現われたことも記録されており、イバラが犯行に及んだのはこの新薬のせいであることが明らかとなる[11]。しかしそうとは知らず、白神からイバラの危険性について聞かされていた早瀬はイバラを発見した際に発砲してしまい、橋から川に落ちたイバラは消息不明となる[12]

イバラが脱走する前に呟き続けていた「大切な人、大切な場所」という言葉から石川一家の妻・彰子が生前に投稿していた新聞記事にたどり着いていた早瀬は、英介からUSBの内容を聞いて自分がそそのかされていたことを知り、白神への疑いを強める。そして調べを進め、石川彰子が結婚直前まで白神の弟・怜児と交際していた事実をつかむ。白神と対峙し、石川一家殺害は弟を捨てた石川彰子への復讐ではないかと早瀬と英介が詰め寄る中、突如イバラが現われ、白神を道連れに窓を突き破って転落する。2人は亡くなり、事件は終息する。犯因症を出さないためには刑事を辞めるべきだと英介に言われ、悩んできた早瀬は刑事を続けることを決意し、英介は診療所を和枝に任せ、一人旅に出る。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

為頼 英介(ためより えいすけ)〈43〉[13]
演 - 西島秀俊
外見を見るだけで症状や予後がわかる「神の診察眼」ともいえる天才的な能力を持つ医師[5][6]医務官として刑務所で働いていた経験もあり[14]、犯罪者にみられるエネルギー過多の一種である「犯因症」の兆候も見分けられる[15]。様々なことがみえることで医療に限界を感じたり苦悩する[1]ことが多いため、自身の能力を隠した状態で神奈川県某市の片隅[16]で町医者として細々と診療所で患者を診てきた。しかし、特殊能力に気づいた早瀬に頼まれると優しい性格のため断りきれず、現場を訪れ捜査に協力する[5]
妻の倫子を亡くしているが、彼女を蝕む病には末期になるまで気づかなかった。
早瀬 順一郎(はやせ じゅんいちろう)〈32〉[13]
演 - 伊藤淳史[11][17]
港中央警察署刑事課強行犯係・巡査部長。熱血漢タイプの刑事[5]。数年前までは県警本部の捜査一課に所属する将来を嘱望される有望株だったが[16]、自分が逮捕した篠崎大和を「心神耗弱状態で責任能力はない」と鑑定した精神科医に裁判所で掴みかかったことがきっかけで[18]、現在は所轄にいる[19]。男が暴れている現場において、英介が事件が起こる前に警察に通報していたことや、現場で傷ついた人々に迅速な処置を施す様子を見て興味を持ち[20]、いち早く英介の能力を見抜く。以後、英介に捜査協力を頼み、事件を解決に導く[21]
以前から正義感や責任感が強ぎるがゆえに容疑者を殴ってしまうなど行き過ぎた行動をとることがあったが、英介から犯因症の兆候が出ている[22]と言われ、思い悩む。
高島 菜見子(たかしま なみこ)〈26〉 [13]
演 - 石橋杏奈[23]
白神メディカルセンター臨床心理士。患者であるサトミを担当している[19]。明都医大に勤務していた頃の英介の診察を、大学の授業の一環で見たことがある[24]
2年前、付き合っていた佐田要造に暴力を振るわれるようになったため、自ら別れを切り出した[25]。その後、佐田からストーカー行為を受けたり、自宅アパートで襲われて頭部や背部に重傷を負うが英介に発見され、白神陽児の手術により一命を取り留める。
白神 陽児(しらがみ ようじ)〈39〉[13]
演 - 伊藤英明[26]
横浜市にある[27]白神メディカルセンターの院長。英介と同じ能力を持つ医師[19]。患者を最も苦しめる痛みを取り除き、“完全な無痛”で治療できる医療を目指している。そのため、そのヒントとなりえる先天性無痛症であるイバラ(伊原忠輝)を直接担当し、自らが開発した無痛治療の新薬「SND-4053(ドロール)」[28]の服用を義務付けている。一見温厚だが目的のためには手段を択ばない冷徹な性格。
2つ年下に怜児という弟がおり、同じ東光医科大学医学部で共同論文も発表していたが、10年前に亡くしている[29]

主要人物の関係者[編集]

英介の関係者[編集]
井上 和枝(いのうえ かずえ)〈56〉[13]
演 - 浅田美代子[30]
英介の義姉[30]で為頼診療所の看護師[26]。診療所兼自宅で英介と共に生活している。
久留米 実(くるめ みのる[31])〈68〉[16]
演 - 津嘉山正種
元・明都医大教授。診断学の権威で、学生時代の為頼の能力を見抜いた[16]
末期癌を患い英介の往診を受けながら自宅療養していたが、痛みを緩和するような治療は全て拒否したまま、第7話で亡くなる。
久留米 大[32]
演 - 須田瑛斗
実の孫。
久留米 真理子[33]
演 - 高橋美津子
実の息子の妻。大の母。
為頼 倫子(ためより のりこ)[34]
演 - 相築あきこ
英介の妻。和枝の妹。1年前に卵巣がんで亡くなった。
港中央警察署[編集]
仁川 康男
演 - 兵動大樹
刑事課課長で早瀬の上司。大阪出身[16]。暴走する早瀬をいつもどやしつける[16]。タバコは「BLACK BAT」を吸う[8]
太田 武司
演 - 馬場徹
刑事。早瀬の後輩で捜査パートナー。
涌井[17]
演 - 戸田昌宏
捜査一課係長。
白神メディカルセンター[編集]
伊原 忠輝(いばら ただてる)〈25〉[13] / イバラ
演 - 中村蒼[12][26][35](少年時:五味渕元
清掃員[36]先天性無痛症のため、痛みという概念を理解できない[36]無毛症[36]。5年前に虫垂炎腹膜炎を併発して白神メディカルセンターに来院し、痛みを感じていないことに気づいた白神から理想の無痛医療のために協力してほしいと頼まれ、研究対象となる。白神の言いつけを守り、身体を鍛えて続けている[37]
南 サトミ(みなみ さとみ)〈14〉[13]
演 - 浜辺美波[38][39]
菜見子が担当している患者。幼少期から虐待を受け、重度の強迫神経症の疑い[19]境界性パーソナリティ障害[40]があり、児童養護施設に保護されている[19]。一家殺害事件の直後である2015年4月22日から精神疾患の悪化により白神メディカルセンターへ入院[41]。その後、菜見子によるカウンセリングを受けているが直接会話はせず、携帯の文字でやりとりをする[42]。話さないのは心因性によるものだと思われていたが、第5話で実は両親から受けた虐待によって甲状軟骨を骨折していることが要因であると英介に見抜かれた。
教師一家殺害事件の現場を直接見ていないと描けない絵を描いていることや、現場に落ちていた帽子(サイズ54cm)から彼女の金色の毛髪が発見されていることから犯人ではないかと疑われる。本人も「あたしが殺したの」と菜見子に携帯で打ち明けていたが[43]、白神には虚言であり、不安からくる自己処罰衝動の一環であると解釈されている。殺された一家はサトミの担任教師一家であり、授業でも一切発言しなかったことを叱責され続けたため、襲いかかったこともあった[44]
橋本 広子
演 - 和泉佑三子
看護師長。[45]
横井 清美〈35〉[16]
演 - 宮本真希
白神の秘書。白神を崇拝している。

ゲスト[編集]

第1話[編集]
中野 昭一
演 - 小久保寿人
容疑者。英介とすれ違った犯因症の兆候を持つ男。刃物で無差別に通行人を殺傷しようとするが早瀬が発砲した拳銃の実弾が命中した事により瀕死の重傷を負う。
郷田
演 - 森田甘路
製薬会社勤務。実は心神喪失を偽装してアパートの隣人の女性を神経ガスで殺害した容疑者。Cheeky Paradeのライブ会場で神経ガスをバラ撒こうとした。しかし、英介と早瀬により被害を未然に防ぎ、早瀬に半殺しにされた挙句に逮捕される。
前田
演 - 山崎大輔
和枝の幼馴染。腎盂腎炎を患っている。
患者
演 - 水野智則
為頼診療所に胃痛で診察を受けに来た。
Cheeky Parade
演 - Cheeky Parade
郷田が神経ガスをバラ撒こうとしていたライブ会場でライブを行っていたアイドルグループ。
第2話[編集]
山田 輝久
演 - ジジ・ぶぅ
アパートの自室で腹部をさされ死亡した男性。
工藤 一尊
演 - 有薗芳記
山田を殺したと告白する男性。重症筋無力症を患っている。
佐々木 浩太
演 - 桜井聖
白神メディカルセンターの医療事務員。金欠の患者を強制的に追い返した行為で白神により解雇される。
第3話[編集]
篠崎 大和(しのざき やまと)[46]
演 - 松下洸平
女性を絞殺して爪を剥ぐ[25]という事件を起こし、3年前に早瀬が逮捕した男。しかし、妄想型統合失調症と診断されたため罪には問われず、精神科病棟に強制入院となる。退院後は再び同様の事件を起こし、早瀬に追い詰められ半殺しにされた挙句に再逮捕される。
市原 将太
演 - 森本のぶ
県警本部の早瀬の元同僚。篠崎が退院したことを早瀬に知らせる。
佐田 要造
演 - 加藤虎ノ介(第3話 - 第6話)
2年前に菜見子と交際していた男。菜見子にストーカー行為を繰り返す[25]。菜見子のアパートの部屋に侵入して傷を負わせ、スマートフォンを盗んで逃亡。その後入院中の菜見子を拉致しようとするが英介とサトミに追い詰められて失敗する。駆けつけた警察からは逃走したがイバラに捕まり、筋弛緩剤のみで麻酔はされないままオペを施された末に殺される[37][47]
第4話[編集]
瀬野 愛莉(せの あいり)[48]
演 - 飯豊まりえ
菜見子が臨床心理士として初めて担当した元クライアント[49]薬物中毒で苦しみ、最初は菜見子にも憮然とした態度をとり続けていたが、最後は彼氏の話ができるまで回復し、カウンセリングは修了していた[50]
それから2年後、彼氏に自分の過去を正直に打ち明けるという菜見子のアドバイス[48]が裏目に出たことを恨み、殺害しようと覚醒剤中毒状態で再び菜見子の元を訪れるが、犯因症を見抜いた英介に阻止され、早瀬らに逮捕される。
野々村 涼(ののむら りょう)〈23〉[51]
演 - 奥野瑛太
菜見子がよく行くコンビニの店員。石で何度も頭部を殴られ殺害される。また、腕には何者かによって煙草「BLACK BAT」を何度も押し付けられた痕があった。
第5話[編集]
稲葉 朋美[52]
演 - 渡辺舞
科捜研。早瀬に頼まれ、内密に南サトミと教師一家殺害事件の現場に残されていた毛髪のDNA鑑定をする。
第9話[編集]
北山 貴志
演 - 宮根誠司[53]
東光医科大教授。白神の研修医時代の指導教官[54]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル[58] 脚本 演出 視聴率[59]
第1話 10月07日 新ヒーロー誕生…!?病気を見抜く天才は、犯罪を見抜けるか? 大久保ともみ 佐藤祐市 11.6%
第2話 10月14日 同じ能力を持つ男が天才に迫る 香坂隆史 07.1%
第3話 10月21日 熱血刑事が抱える…殺意の秘密 大久保ともみ 木下高男 08.4%
第4話 10月28日 天才が見抜く女心 香坂隆史 佐藤祐市 04.7%
第5話 11月04日 金髪の少女が抱える殺人の記憶 山内大典 07.4%
第6話 11月11日 診えない眼 丑尾健太郎 木下高男 07.6%
第7話 11月18日 犯人の死…新たなる殺人の理由 小川智子 佐藤祐市 07.1%
第8話 11月25日 真犯人の孤独 香坂隆史 山内大典 07.4%
第9話 12月09日 正義としての殺人 丑尾健太郎 木下高男 07.1%
最終話 12月16日 痛みとは… 小川智子 佐藤祐市 09.6%
平均視聴率 7.8%[60](視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

出典[編集]

  1. ^ a b “注目ドラマ紹介:「無痛〜診える眼〜」 西島秀俊が“神の眼”武器に事件を解決する医者に”. まんたんウェブ. (2015年10月6日). http://mantan-web.jp/2015/10/06/20151006dog00m200003000c.html 2015年10月23日閲覧。 
  2. ^ “ドラマ「無痛」視聴者悲痛…日本シリーズ中継延びて105分遅れで放送”. Sponichi Annex. (2015年10月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/28/kiji/K20151028011407210.html 2015年11月1日閲覧。 
  3. ^ 同番組では、『無痛〜診える眼〜』のキャストが出演した。
  4. ^ “西島秀俊 新ドラマで医師役熱演も「気を抜くとすごい怖い顔に…」”. Sponichi Annex. (2015年10月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/01/kiji/K20151001011240540.html 2015年10月3日閲覧。 
  5. ^ a b c d “西島秀俊、天才医師役で犯罪捜査に挑む…ドラマ「無痛〜診える眼〜」”. スポーツ報知. (2015年8月5日). オリジナル2015年9月2日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/2015.09.02-160032/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150804-OHT1T50183.html 2016年8月11日閲覧。 
  6. ^ a b 名物キャラ誕生予感!西島秀俊、神の眼持つ医師役でフジ系連ドラ主演”. SANSPO.COM (2015年8月5日). 2015年10月3日閲覧。
  7. ^ a b 西島秀俊をリアルタイム実況 見たことない?“お茶目過ぎる素顔”放出”. モデルプレス (2015年10月14日). 2015年10月23日閲覧。
  8. ^ a b 第4話。
  9. ^ “【水10魂】「無痛〜診える眼〜」(秘)話、一家の殺害事件の真相に迫る”. SANSPO.COM. (2015年11月6日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151104/geo15110405000005-n1.html 2015年12月27日閲覧。 
  10. ^ “【水10魂】「無痛〜診える眼〜」(秘)話、姿消したイバラとサトミの行方はどうなる…”. SANSPO.COM. (2015年12月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151209/geo15120905000009-n1.html 2015年12月27日閲覧。 
  11. ^ a b 西島秀俊&伊藤淳史「無痛」クランクアップ!「一日もストレスなかった」”. cinemacafe.net (2015年12月16日). 2015年12月27日閲覧。
  12. ^ a b “イバラ”中村蒼、撮了で笑顔 『無痛〜診える眼〜』最終回”. ORICON STYLE (2015年12月16日). 2015年12月27日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g 無痛〜診える眼〜 登場人物(キャスト)”. インターネットTVガイド. 2015年11月7日閲覧。
  14. ^ 驚異的な診察眼を持つ医師が事件を解決!出演は西島秀俊、伊藤淳史、石橋杏奈、伊藤英明『無痛〜診える眼〜』”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2015年8月5日). 2015年12月27日閲覧。
  15. ^ “西島秀俊:10月スタートのフジ連ドラで“神の眼”持つ町医者に 伊藤淳史とタッグで事件を解決”. MANTANWEB. (2015年8月6日). http://mantan-web.jp/2015/08/06/20150806dog00m200031000c.html 2015年10月3日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f g 無痛〜診える目〜|相関図”. 「無痛〜診える目〜」公式サイト. フジテレビ. 2015年12月12日閲覧。
  17. ^ a b 伊藤淳史、32歳バースデーサプライズに大感激!”. Smartザテレビジョン (2015年11月27日). 2015年11月30日閲覧。
  18. ^ 第3話。
  19. ^ a b c d e 西島秀俊、伊藤英明初共演!天才医師同士火花を散らす”. Smartザテレビジョン (2015年8月5日). 2015年10月3日閲覧。
  20. ^ 西島秀俊が“神の診察眼”で事件を解決!ドラマ『無痛』第1話みどころ”. テレビドガッチ (2015年10月7日). 2015年10月23日閲覧。
  21. ^ “医師”西島秀俊ד刑事”伊藤淳史が事件解決に挑む”. ORICON STYLE (2015年8月5日). 2015年11月30日閲覧。
  22. ^ “西島秀俊主演「無痛」 録画が多い理由 目が離せないストーリーに視聴者満足”. SANSPO.COM. (2015年11月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/06/kiji/K20151106011458680.html 2015年11月22日閲覧。 
  23. ^ 石橋杏奈 (2015年10月22日). 細かい心の揺れ表現したい…石橋杏奈. インタビュアー:多可政史. YOMIURI ONLINE.. オリジナルの2015年11月4日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/2015.11.04-170156/http://www.yomiuri.co.jp/culture/tv/tnews/20151019-OYT8T50004.html 2016年8月11日閲覧。 
  24. ^ 西島秀俊主演一家惨殺新ドラマ「無痛」今夜スタート”. T-SITE (2015年10月7日). 2015年11月22日閲覧。
  25. ^ a b c “「無痛〜診える眼〜」(秘)話、石橋杏奈の美しい“恐怖顔”に注目”. SANSPO.COM. (2015年10月28日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151028/geo15102805000012-n1.html 2015年11月1日閲覧。 
  26. ^ a b c 中村蒼の剃髪姿に伊藤英明「自分だったら断るな(笑)」”. Smartザテレビジョン (2015年10月1日). 2015年10月3日閲覧。
  27. ^ 第8話、イバラ逮捕の新聞記事参照。
  28. ^ 第9話。USBに入っていたデータ画面参照。
  29. ^ 第9話。
  30. ^ a b “西島秀俊、浅田美代子の天然回答に苦笑「忘れている…」”. SANSPO.COM. (2015年10月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151002/geo15100205010015-n1.html 2015年10月3日閲覧。 
  31. ^ 清純派朝ドラ女優・浜辺美波が一転、精神障害を抱える難役に挑戦!人生初となる金髪姿を披露!『無痛〜診える眼〜』”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2015年9月16日). 2015年11月7日閲覧。
  32. ^ テアトルアカデミー公式Twitter2015年10月4日の発言
  33. ^ 高橋美津子公式Twitter2015年11月19日の発言
  34. ^ 第6話の回想シーン、英介の呼び掛けより
  35. ^ 木村隆志 (2015年12月1日). “中村蒼、“食われるイケメン”から“食う個性派”へ 『無痛〜診える眼』で見せる同世代俳優への反撃”. Real Sound. 2015年12月12日閲覧。
  36. ^ a b c 中村蒼、人生初スキンヘッドで“無毛症”の難役に挑む コメント到着”. モデルプレス (2015年9月22日). 2015年10月3日閲覧。
  37. ^ a b 中村蒼、役作りで鍛え上げた肉体美披露 ドラマ『無痛』”. ORICON STYLE (2015年11月24日). 2015年11月30日閲覧。
  38. ^ “清純派”浜辺美波が人生初の金髪 『無痛〜診える眼〜』で難役に挑む”. ORICON (2015年9月16日). 2015年9月16日閲覧。
  39. ^ 清純派・浜辺美波が初金髪に挑戦!西島秀俊主演「無痛〜診える眼〜」”. cinemacafe.net (2015年9月16日). 2015年9月17日閲覧。
  40. ^ “浜辺美波:“朝ドラ女優”が金髪姿は「もう慣れた」報道陣前に初披露”. MANTANWEB. (2015年10月2日). http://mantan-web.jp/2015/10/02/20151001dog00m200051000c.html 2015年11月8日閲覧。 
  41. ^ 第5話。
  42. ^ 浜辺美波 (2015年10月6日). 「無痛〜診える眼〜」に出演の浜辺美波にインタビュー!. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/65864/ 2015年11月1日閲覧。 
  43. ^ 第1話。
  44. ^ 第5話の早瀬の発言より
  45. ^ フジテレビ『無痛〜診える眼』本日22:00スタート|和泉佑三子オフィシャルブログ Powered by Ameba”. アメーバ (2015年10月7日). 2015年11月2日閲覧。
  46. ^ 第3話。神奈川県警事件データベース画面参照。
  47. ^ “「無痛〜診える眼〜」(秘)話、見どころは西島秀俊の本気の食べっぷり!”. SANSPO.COM. (2015年11月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151118/geo15111805000013-n1.html 2015年11月18日閲覧。 
  48. ^ a b 飯豊まりえ、『無痛』第4話にゲスト出演”. ORICON STYLE (2015年10月27日). 2015年11月7日閲覧。
  49. ^ 飯豊まりえ、ドラマ『無痛』に登場 - 『あの花』共演の浜辺美波も出演中”. マイナビニュース (2015年10月27日). 2015年11月1日閲覧。
  50. ^ 実写版『あの花』“めんま”と“つるこ”が再集結!飯豊まりえ『無痛』出演決定”. テレビドガッチ (2015年10月27日). 2015年10月27日閲覧。
  51. ^ 第4話。テレビニュース画面参照。
  52. ^ 第5話。本人の名札参照。
  53. ^ “宮根誠司が「無痛」にゲスト出演 「なかなかのキーパーソン役」”. 産経ニュース. (2015年12月2日). http://www.sankei.com/entertainments/news/151202/ent1512020002-n1.html 2015年12月12日閲覧。 
  54. ^ 「無痛」出演の宮根誠司『西島秀俊さんが褒め上手』”. Smartザテレビジョン (2015年12月2日). 2015年12月12日閲覧。
  55. ^ Superfly、力強いロックサウンドの新曲 西島秀俊主演ドラマ主題歌に”. ORICON STYLE (2015年9月25日). 2015年9月25日閲覧。
  56. ^ ミソッカス、西島秀俊出演の新ドラマ挿入歌に抜擢”. 音楽ナタリー (2015年9月30日). 2015年10月1日閲覧。
  57. ^ 第2回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』作品賞は『下町ロケット』”. ORICON STYLE (2016年1月29日). 2016年1月29日閲覧。
  58. ^ フジテレビオンデマンド「無痛」エピソードリスト参照。
  59. ^ 全ては白神(伊藤英明)の復讐劇だった!「無痛 診える眼」最終回見逃した方のためにあらすいじと関連動画”. ナビコンニュース (2015年12月17日). 2015年12月17日閲覧。
  60. ^ 『無痛』全話平均7.8%で「西島秀俊ワーストドラマ」に! フジ関係者も「失敗作」と白旗!?”. サイゾーウーマン (2015年12月17日). 2015年12月18日閲覧。

外部リンク[編集]

フジテレビ 水曜22時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
リスクの神様
(2015.7.8 - 2015.9.16)
無痛〜診える眼〜
(2015.10.7 - 2015.12.16)
フラジャイル
(2016.1.13 - 2016.3.16)