無水プロピオン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

無水プロピオン酸
無水プロピオン酸
IUPAC名 プロパン酸無水物
別名 プロピオン酸無水物
分子式 C6H10O3
分子量 130.14
CAS登録番号 [123-62-6]
形状 無色液体
密度 1.01 g/cm3, 液体 (20 ℃)
融点 −45 °C
沸点 167.0 °C

無水プロピオン酸(むすいプロピオンさん、propionic anhydride)は示性式 (CH3CH2CO)2Oで表されるカルボン酸無水物IUPAC命名法ではプロパン酸無水物 (propanoic anhydride) と表される。プロピオン酸無水物とも呼ばれる。

CAS登録番号は 123-62-6。融点 −45 ℃、沸点 167.0 ℃ の不快な刺激臭のある無色透明の液体で、にわずかに溶け、アルコールエーテルに易溶。分子量 130.14。引火点 67℃、発火点 約 300 ℃ で、消防法に定める危険物第4類第2石油類に該当する。

2分子のプロピオン酸脱水縮合させて得る。

無水プロピオン酸は水と混触すると発熱反応を起こしプロピオン酸となる。また、強い腐蝕性があり皮膚に接触すると薬傷を起こす。これらを含めその他諸々の性質はほぼ無水酢酸に準ずる。無水プロピオン酸の主な使用用途は医薬品香料の原料である。

ほか、カルボン酸無水物の通常の反応性を示す。