無名戦士の墓 (イギリス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
無名戦士の墓
The Tomb of the Unknown Warrior
イングランド国教会[1]
Tomb of the Unknown Warrior - Westminster Abbey - London, England - 9 Nov. 2010.jpg
無名戦士の墓
第一次世界大戦以降の戦没兵を追悼
完成 1920年11月11日 (1920-11-11)
所在地 北緯51度29分57.66秒 西経0度7分39.42秒 / 北緯51.4993500度 西経0.1276167度 / 51.4993500; -0.1276167座標: 北緯51度29分57.66秒 西経0度7分39.42秒 / 北緯51.4993500度 西経0.1276167度 / 51.4993500; -0.1276167
イギリスの旗 イギリス ロンドン
ウェストミンスター寺院

イギリスの無名戦士の墓英語: The Tomb of the Unknown Warrior)は第一次世界大戦中にヨーロッパの戦場で戦死したイギリスの身元不明の兵士を埋葬している[2]。 彼は1920年11月11日ロンドンウェストミンスター寺院に埋葬されたが、同時にフランスのエトワール凱旋門にフランスの身元不明兵士が埋葬されたため、両墓は第一次世界大戦の身元不明兵士を顕彰する最初の墓となった。これは無名戦士の墓の初の事例である。

無名戦士の墓の歴史[編集]

起源[編集]

ウェストミンスター寺院で埋葬前の無名戦士の棺、1920年

無名戦士の墓は、1916年デビッド・レイルトン英語版牧師によって最初に着想された。彼は西部戦線従軍牧師として活動していた時、鉛筆で「無名のイギリス兵」と書かれた粗い十字架の墓を見かけた[3]

彼は1920年ウェストミンスター寺院の首席司祭英語版に、フランスの戦場にいた身元不明のイギリス兵を、何十万人もの帝国の死者を代表して、ウェストミンスター寺院の「王たちの間に」正当な儀式をもって埋葬する事を提案する手紙を書いた。この着想は首席司祭と首相デビッド・ロイド・ジョージによって強く支持された[3]

選定、到着と儀式[編集]

ジョージ5世が出席したウェストミンスター寺院の「無名戦士」の埋葬、1920年

遺体の手配はケドルストンの初代カーゾン侯爵に委ねられ、礼拝と場所の準備を行った。相応しい遺体は様々な戦場から掘り出され、1920年11月7日の夜、フランスアラス近郊にあるサン・ポル=シュル・テルノワーズ英語版の礼拝堂に運ばれた。遺体はジョージ・ケンダル牧師に迎えられた。墓地登録調査局のL・J・ワイアット准将とE・A・S・ゲル中佐は、単独で礼拝堂に入った。その後、遺体はそれぞれユニオン・フラッグに覆われた4つの普通の棺に入れられた。2人の将校はどの戦場から兵士が来たのか知らなかった。ワイアット准将は目を閉じ、棺の一つに手を置いた。他の兵士たちは再埋葬されるためにケンダルによって連れ去られた。

その後、無名戦士の棺は礼拝堂に一晩安置され、11月8日の午後、警備下で移送され、ケンダルの護衛のもと、軍勢とともに、シュトゥ・ポルからブーローニュの古城内にある中世の城までのルートに沿って移動した。この日のために、城の書斎はシャペル・アルデンテ英語版へと姿を変え、レジオンドヌール勲章を授与されたばかりのフランス第8歩兵連隊の中隊[4]が一晩見張りに立った[2]

翌朝、2人の葬儀屋が城の書斎に入り、棺をハンプトン・コート宮殿の木の材木で作った棺に入れた[2]。 棺には鉄の帯が付けられ、国王ジョージ5世が王室のコレクションから個人的に選んだ中世の十字軍の剣が上部に取り付けられ、「王と国家のために1914年から1918年にかけての第一次世界大戦で倒れたイギリスの戦士」という碑文が刻まれた鉄の盾が頭上に置かれていた[2]

棺は6頭の黒馬に引かれたフランス軍の馬車に乗せられた。午前10時30分、ブーローニュのすべての教会の鐘が鳴り響き、フランス騎兵隊のトランペットとフランス歩兵隊のビューグルがオー・シャン(フランスのラスト・ポスト英語版)を奏でた[2]。その後、地元の1000人の学童たちが先導し、フランス軍の分隊が護衛する1マイルに及ぶ行列は、港に向かって下っていった[2]

棺が駆逐艦ヴェルダン英語版の通路に運ばれる前に、岸壁でフェルディナン・フォッシュ元帥は敬礼し、ボートスワインズ・コール英語版とともに乗船した。ヴェルダンは正午前に停泊し、6隻の戦艦の護衛と合流した[2]。 棺を積んだ船団がドーヴァー城に近づくと、元帥級の礼砲19発で迎えられた。棺は11月10日に西部ドックのドーヴァー海洋鉄道駅英語版に上陸した。無名戦士の遺体は、以前、イーディス・キャヴェルチャールズ・フライアット英語版の遺体を運んだサウスイースタン・アンド・チャタム鉄道英語版ジェネラル・ユーティリティ・バン英語版No.132英語版ロンドンに運ばれた。

この貨車はケント・アンド・イースト・サセックス鉄道英語版によって保存英語版されている[5]

無名戦士がウェストミンスター寺院に向かう前の一晩安置された事を示すヴィクトリア駅8番線の銘板

列車はヴィクトリア駅に向かい、その日の夜8時32分に8番線に到着し、一晩安置された。 ヴィクトリア駅にはその位置を示す銘板があり、毎年11月10日には、西部戦線協会英語版が主催する小さな追悼式が8番線と9番線の間で行われる。

1920年11月11日の朝、棺は王立騎馬砲兵英語版N Battery RHA英語版)の砲車に載せられ、6頭の馬によって巨大で静かな群衆の中を進められた。葬列が出発すると、ハイド・パークではさらに陸軍元帥の敬礼が行われた[6]。 その後のルートはハイド・パーク・コーナーザ・モール、そして「象徴的な空の墓」[7]であるセノタフが国王ジョージ5世によって除幕されたホワイトホールへと続く。葬列はその後、国王、王族、国務大臣らと共にウェストミンスター寺院へと向かい、棺はヴィクトリア十字章の受章者100人の衛兵に囲まれて寺院の西身廊へと運ばれた。

主賓は約100人の女性グループであった[2]。 彼女たちが選ばれた理由は、戦争で夫と息子をすべて失ったためであった[2]。 "参観を申し込んだ人は皆場所を得た" [2]

棺はその後、身廊の西端、入り口からわずか数フィートのところに埋葬され、主要な戦場から運ばれた土の中にシルクで覆われた。何万人もの弔問客が静かに通り過ぎる中、軍人たちが見張りをしていた。この儀式はこれまで知られていなかった規模の集団的な服喪のカタルシスとして機能したようである[2]

墓の上にはベルギー産の黒大理石の石(寺院内で唯一、歩行が禁止されている墓石)が置かれ、ウェストミンスター首席司祭ハーバート・エドワード・ライル英語版が起草したエピタフが戦時中の弾薬を溶かして作った真鍮で刻まれている。

BENEATH THIS STONE RESTS THE BODY
OF A BRITISH WARRIOR
UNKNOWN BY NAME OR RANK
BROUGHT FROM FRANCE TO LIE AMONG
THE MOST ILLUSTRIOUS OF THE LAND
AND BURIED HERE ON ARMISTICE DAY
11 NOV 1920, IN THE PRESENCE OF
HIS MAJESTY KING GEORGE V
HIS MINISTERS OF STATE
THE CHIEFS OF HIS FORCES
AND A VAST CONCOURSE OF THE NATION

THUS ARE COMMEMORATED THE MANY
MULTITUDES WHO DURING THE GREAT
WAR OF 1914 - 1918 GAVE THE MOST THAT
MAN CAN GIVE LIFE ITSELF
FOR GOD
FOR KING AND COUNTRY
FOR LOVED ONES HOME AND EMPIRE
FOR THE SACRED CAUSE OF JUSTICE AND
THE FREEDOM OF THE WORLD

THEY BURIED HIM AMONG THE KINGS BECAUSE HE
HAD DONE GOOD TOWARD GOD AND TOWARD
HIS HOUSE

この石の下にイギリス軍兵士の遺体が
安置されている
名前や階級は不明である
フランスから運ばれてきた
この地で最も輝かしい者は戦勝記念日に
ここに埋葬された
1920年11月11日
国王ジョージ5世陛下
彼の国務大臣たち
彼の軍の指揮官たち
そして、広大な国の人々の前で

このようにして多くのことが記憶されている
多くの人々は1914年-1918年の大戦役中
そのほとんどを与えた
人は命を与えることができる
神のために
王と国家のために
愛する人の家と帝国のために
正義の神聖な大義のために
そして
世界の自由のために

彼らは彼を王たちの間に葬った
なぜなら彼は神と彼の家のために善行
を成したからである


主碑文の四方を、新約聖書から引用された4つの文言が囲んでいる。


THE LORD KNOWETH THEM THAT ARE HIS (上 2 Timothy 2:19)
UNKNOWN AND YET WELL KNOWN, DYING AND BEHOLD WE LIVE (右 2 Corinthians 6:9)
GREATER LOVE HATH NO MAN THAN THIS (左 John 15:13)
IN CHRIST SHALL ALL BE MADE ALIVE (下 1 Corinthians 15:22)

主は自分の者である者達を知っておられる(上 テモテへの第二の手紙 2:19)
知られていないがよく知られている、死んでも見よ、私たちは生きている(右 コリント人への第二の手紙 6:9)
これに勝る愛は人にない (左 ヨハネによる福音書 15:13)
キリストにあって、すべての人は生かされる(下 コリント人への第一の手紙 15:22)

その後の歴史[編集]

2010年に修復される前の「無名戦士」の遺体を運んだ貨車

埋葬から1年後の1921年10月17日、この無名戦士はジョン・パーシング将軍の手からアメリカ軍最高の武勲勲章である名誉勲章を授与された。1921年11月11日には、アメリカの無名戦士英語版ヴィクトリア十字章が授与された。

1923年4月26日エリザベス・ボーズ=ライアンがヨーク公アルバート(後の国王ジョージ6世)と結婚した時、彼女はウェストミンスター寺院に入る途中の墓に花束を捧げた。 1915年ルーの戦い英語版で戦死した兄のファーガス英語版(その名はルー・メモリアル英語版にも行方不明者として記載されていたが、2012年には新たな墓石がヴェルメルズの採石場に建立された)への敬意としての献花だった[2][8][9]。 現在では寺院で結婚した王室の花嫁は挙式翌日、墓にブーケを供える様になり、公式の結婚式の写真はすべて撮影されている[10][11]。また、ヨーク公アルバート王子とエリザベス・ボーズ=ライアンの結婚式のために特別な赤絨毯で覆われなかった唯一の墓でもある[10]

2002年に没する前、エリザベス王太后は無名戦士の墓に彼女の花輪を置くことを希望した。王太后の葬儀翌日、娘のエリザベス2世女王が花輪を置いた[12]

イギリスの無名戦士は100名の最も偉大な英国人の世論調査で76位となった[13]。慈善団体であるLMS=パトリオット・プロジェクト英語版は、「無名戦士」の名を冠した新しい蒸気機関車を作っている。この新しい機関車は、新しいナショナル・メモリアル・エンジンとしてザ・ロイヤル・ブリティッシュ・リージョン英語版によって承認されている。この機関車を作るための公募が2008年に開始された。無名戦士号は、休戦100周年の1年遅れの2019年1月までに完成する予定であった[14]

無名戦士の棺の複製; キャヴェル・バン英語版 ボディアム英語版

70カ国以上の国家元首が無名戦士を追悼して花輪を捧げている[15]

関連の記念物[編集]

1920年以降、無名戦士のために3つの関連する記念碑が建立されている。

  • 無名戦士が選定されたサン・ポル[16]
  • 無名戦士が上陸したクルーズターミナルのドーバー港[17]
  • ロンドン・ヴィクトリア駅、無名戦士が11月11日に埋葬される前に安置された場所[18]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 首相官邸. “untitled”. https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tuitou/dai2/siryo4.pdf 2020年6月30日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Hanson, Chapters 23 & 24
  3. ^ a b Allingham, Henry; Goodwin, Dennis (2011). Kitchener's Last Volunteer: The Life of Henry Allingham, the Oldest Surviving Veteran of the Great War. Random House. p. 132 
  4. ^ Collectivité décorées de la Légion d’honneur, 8eme régiment d'infanterie de ligne” (French). France-Phaleristique.com. 2010年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月30日閲覧。
  5. ^ “Bid to save WWI heroes' carriage”. BBC News. (2009年12月3日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/8393192.stm 2009年12月3日閲覧。 
  6. ^ Memorial Services (November 11th) Committee, Maurice Hankey, Cabinet Office Papers, 1915–1978, The National Archives. (CAB 24/114).
  7. ^ Holmes, p. 630
  8. ^ "Casualty Details: Bowes-Lyon, The Hon Fergus". Commonwealth War Graves Commission. 2012年8月16日閲覧
  9. ^ “Final resting place of Queen's uncle discovered nearly a century after his death”. Daily Record. (2012年8月19日). http://www.dailyrecord.co.uk/news/uk-world-news/queens-uncles-grave-1268868 2012年8月20日閲覧。 
  10. ^ a b “Queen releases 60 wedding facts”. BBC News. (2007年11月18日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/7100282.stm 2007年11月18日閲覧。 
  11. ^ Rayment, Sean (2011年5月1日). “Royal wedding: Kate Middleton's bridal bouquet placed at Grave of Unknown Warrior”. The Daily Telegraph (London). https://www.telegraph.co.uk/news/uknews/royal-wedding/8485728/Royal-wedding-Kate-Middletons-bridal-bouquet-placed-at-Grave-of-Unknown-Warrior.html 2011年5月1日閲覧。 
  12. ^ “Details of the Queen Mother's funeral”. CNN. (2002年4月7日). http://edition.cnn.com/2002/WORLD/europe/04/06/uk.royals.funeral/index.html 2010年5月25日閲覧。 
  13. ^ Cooper, John (2002). Great Britons. London: National Portrait Gallery. p. 9. ISBN 1-85514-507-3 
  14. ^ The LMS Patriot Project”. The LMS-Patriot Company Ltd.. 2014年10月24日閲覧。
  15. ^ “Barack Obama lays memorial wreath at Westminster Abbey”. The Daily Telegraph (London). (2011年5月24日). https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/barackobama/8533856/Barack-Obama-lays-memorial-wreath-at-Westminster-Abbey.html 
  16. ^ British Unknown Warrior”. Ternois Tourisme. 2017年11月9日閲覧。
  17. ^ UNKNOWN WARRIOR DOVER”. War Memorials Online. 2017年11月9日閲覧。
  18. ^ Unknown Warrior Victoria Railway Station Plaque”. Imperial War Memorials. 2017年11月9日閲覧。

参照文献

参考文献[編集]

  • The Story of the British Unknown Warrior, M. Gavaghan

外部リンク[編集]