炭酸水素塩泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
炭酸含有泉から転送)
移動先: 案内検索

炭酸水素塩泉(たんさんすいそえんせん)は、掲示用泉質名に基づく温泉泉質の分類の一種。療養泉のうち塩類泉に分類される。

概要[編集]

炭酸水素塩 (HCO3) を含む化合物を主成分としていることからこの名称が付いている。アルカリ性を示す温泉が多く「美人の湯」と称されるものもある(これは本泉特有の効能ではないが一種の美肌効果が期待できる、後節参照)。黒湯(褐色湯)と呼ばれる温泉の中には、炭酸水素塩泉が多く含まれている[1]。また、兵庫県有馬温泉大分県長湯温泉のように炭酸を多く含有する場合があり、これらは通称として「炭酸泉」とも呼ばれている。

新旧泉質名との対比[編集]

新旧泉質名では、以下に分類される。

新旧泉質名の対応[2]
旧泉質名 新泉質名 略記泉質名
重炭酸土類泉 カルシウム(・マグネシウム)-炭酸水素塩泉 Ca(・Mg)-HCO3
純重炭酸土類泉 カルシウム(・マグネシウム)-炭酸水素塩泉 Ca(・Mg)-HCO3
含炭酸-土類泉 含二酸化炭素-カルシウム(・マグネシウム)-炭酸水素塩泉 含CO2-Ca(・Mg)-HCO3
含食塩-重炭酸土類泉 カルシウム(・マグネシウム)・ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉 Ca(・Mg)・Na-HCO3・Cl泉
含芒硝-重炭酸土類泉 カルシウム(・マグネシウム)・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉 Ca(・Mg)・Na-HCO3・SO4
重曹泉 ナトリウム-炭酸水素塩泉 Na-HCO3
純重曹泉 ナトリウム-炭酸水素塩泉 Na-HCO3
含炭酸-重曹泉 含二酸化炭素-ナトリウム-炭酸水素塩泉 含CO2-Na-HCO3
含食塩-重曹泉 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉 Na-HCO3・Cl泉
含芒硝-重曹泉 ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉 Na-HCO3・SO4
含食塩・芒硝-重曹泉 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉 Na-HCO3・Cl・SO4
含土類-重曹泉 ナトリウム・カルシウム(・マグネシウム)-炭酸水素塩泉 Na・Ca(・Mg)-HCO3

泉質の定義[編集]

温泉水1kg中に含まれる含有成分が1,000mg以上あり、そのうち重炭酸ソーダ (NaHCO3) の含有量が340mgを超えるもの。

効能[編集]

※効能はその効果を万人に保証するものではない

泉質に基づく効能として、以下が挙げられる。

適応症[編集]

浴用[編集]

飲用[編集]

禁忌症[編集]

美肌効果[編集]

美肌効果については炭酸水素塩泉特有の効能ではなく、同泉に多いアルカリ性温泉の特徴として挙げられる。ただし、モール泉のように植物起源の有機質などを多く含む場合も下記のアルカリ性温泉の特徴とは別に、にツルツルとした感触を感じることがある。

アルカリ性温泉の特徴

アルカリ性の温泉に入浴すると肌がヌルヌルする。これは化学反応により皮脂から石鹸に類似した物質が作られたり、また強アルカリ性では表皮タンパク質溶解するために感じるものである。皮膚表面の古い角質を溶解・除去する作用により、肌を滑らかにし、新陳代謝が期待できることから、アルカリ性の温泉は「美肌効果」が謳われ、「美人の湯」と称されることもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 泉質:黒湯の特殊性(そしがや温泉21)
  2. ^ 参考資料2新旧泉質名対照 (PDF)”. 環境省自然環境局自然環境整備課温泉地保護利用推進室. 2018年3月26日閲覧。

関連項目[編集]