炉心溶融物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
炉心溶融に至ったスリーマイル島原子力発電所の2号機の原子炉圧力容器内部図

炉心溶融物(ろしんようゆうぶつ、英語: Corium)とは、原子炉炉心にある核燃料が過熱し、燃料集合体または炉心構造物が融解、破損する炉心溶融によってつくられる生成物をいう。

1979年のスリーマイル島原子力発電所事故の例[編集]

1982年に原子炉圧力容器内に事故後初めてカメラが入り、1985年には炉心を解体して溶けた燃料を取り出す作業が始まるなど、調査が進む中で次のようなことが明らかにされた。右図参照。

  1. 2B inlet - 冷却材入口
  2. 1A inlet - 冷却材入口
  3. Cavity - 空洞
  4. Loose core debris - デブリ(堆積物)
  5. Crust - クラスト(硬くなった外皮)
  6. Previously molten material - 溶融固化物質
  7. Lower plenum debris - 下部プレナム(原子炉圧力容器の底の空間部分)デブリ
  8. Possible region depleted in uranium - ウランがほとんど含まれない領域
  9. Ablated incore instrument guide - 削り取られた原子炉内計装案内管
  10. Hole in baffle plate - バッフル板の穴
  11. Coating of previously-molten material on bypass region interior surfaces - 内部を覆った溶融物質
  12. Upper grid damage - 上部炉心板損傷

炉心の45パーセント(62トン)が溶融し、20トンほどの溶融物が原子炉圧力容器の底まで流れ出てたまった。健全な燃料棒は100本程度で、それまで炉心のあった上部には巨大な空洞(3)ができた。そのすぐ下は破壊された炉心の堆積物の山(デブリ、4)である。さらに下は炉心が溶融固化してできた、ウランジルコニウムの酸化物(セラミック、(UZr)O2)と溶融した金属との混合物(6)である。底部に落下した物質(7)はデブリ(堆積物)状をしていた。推定最高温度は2500℃ - 2800℃。溶融物が原子炉圧力容器の底を突き破ることはなかった。[1]

脚注[編集]