災害被害者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
昭和22年法律第175号(災害被害者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律)
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 災害減免法
法令番号 昭和22年12月13日法律第175号
効力 現行法
種類 租税法
主な内容 被災者に対する租税の減免、徴収猶予等
関連法令 所得税法相続税法など
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

災害被害者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律(さいがいひがいしゃにたいするそぜいのげんめん、ちょうしゅうゆうよとうにかんするほうりつ)は、震災風水害落雷火災その他これらに類する災害による被害者の納付すべき国税の軽減若しくは免除、その課税標準の計算若しくは徴収の猶予又は災害を受けた物品について納付すべき国税の徴収若しくは還付に関する特例について規定した法律である。

構成[編集]

  • 本文(1条 - 8条)
  • 附則

関連項目[編集]