火病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
火病
鬱火病
各種表記
ハングル 화병 / 홧병
울화병 / 울홧병
漢字 火病
鬱火病
発音 ファッピョン
ウラッピョン(<ウファッピョン)
日本語読み: かびょう、ひびょう
うっかびょう、うつひびょう
2000年式

MR式

英語表記:
Hwabyeong / Hwatbyeong
Ulhwabyeong / Ulhwatbyeong
Hwapyŏng / Hwatpyŏng
Ulhwapyŏng / Ulhwatpyŏng
Hwabyung / Hwapyung
Ulhwabyung / Ulhwapyung]]
テンプレートを表示

火病(ひびょう、かびょう、ファッピョン[1]: 화병[注釈 1]は、鬱火病(うっかびょう、うつひびょう、ウルァッピョン/ウラッピョン、: 울화병[注釈 2]: 울화ㅅ병[4])の略称で、 文化依存症候群(文化結合症候群)のうち、韓国人に顕著にみられる[1][要検証][5][6][7][8]精神疾患と指摘されている病気[2][9]北朝鮮と韓国でともによくつけられる診断名であるという[10]米精神医学会『精神障害の診断と統計マニュアル』の巻末附録「文化的定式化の概念と文化と結び付いた症候群の用語集」では「韓国人にだけ現れる珍しい現象で、不安・うつ病・身体異常などが複合的に現われる怒り症候群」とされている[1][注釈 3]。韓国には専門の「火病クリニック」もある[6]

2015年1月27日の就職ポータル「Career」の調査によると、韓国の会社員の90.18%が職場で火病の経験があると答えたとされている[14][15]

概説[編集]

火病は「お腹の中に火の玉があがってくるようだ」という韓国人に特有な愁訴が特徴で、「怒りを抑圧し過ぎたことによって起きる心身の不調」とされる[16][要検証][7]。『DSM-IV精神疾患の診断・統計マニュアル』によれば、症候として、不眠疲労パニック、切迫した死への恐怖、不快感情、消化不良、食欲不振、呼吸困難動悸、全身の疼痛、心窩部に塊がある感覚などを呈する[11]、という。元「ミス・コリア」で韓方医のキム・ソヒョンによれば、冷えの症状のほか、消化不良、頭痛めまい、慢性疲労、不眠・抑うつ症状などが現れる[5]、という。また、医師でメンタルヘルスガイドの中嶋泰憲によれば、不眠、激しい疲れ、パニック、今にも死んでしまうような感覚、冴えない気分、消化不良、食欲消失、息苦しさ、動悸、体の痛み、みぞおちのしこり感といった異変が心身に生じる、という[7]

精神科医キム・ジョンウによると、火病は一種のストレスの病気であるが、一般的なストレス病では急にストレスが表われる場合が多いのに対し、火病では同じストレスを六カ月以上受けるという[17][要検証]。また、怒りの原因を我慢することで起きるのが特徴であるという[17][要検証]。また、キム・ジョンウは、韓国の精神科医が集まると「火病になる人は純粋で頑固な人が多い。患者が楽天的で、融通性があり、たまには人を騙したり、悪いことを見て見ぬ振りができれば、神経症にかからないのに」という話をよくすると述べている[18][要検証]火病の原因はであり、弱くて善なる人間が強者に対して感じる劣等感葛藤として現われるという[19][要検証]

引っ込み思案で弱気な40代以上の女性の間で多く見られ、原因としては家族間でのいさかいなどの個人や家庭に起因するもの、貧困や苦労などの社会経済的な問題に起因するものなどがあり、それらを解決しようにもうまくいかないことによる諦め、怒り、悲しみなどが挙げられる。[要出典]

症状の一つに、胸の中に塊があるように感じる例が多いが、韓国では伝統的、文化的に家族の調和と安定を重んじるあまり、怒りは抑え、胸の奥に溜め込むべきだとされているため、怒りが塊となって、胸や喉を圧迫していると信じられている。これを裏付けるように発病の直接の引き金として、配偶者の浮気、嫁姑問題、子供の非行など家庭内の問題が多い。その背景には、男尊女卑に代表される封建的な価値観、女性差別的傾向の強い韓国社会の影響が強いと考えられている。[要出典]

元来、封建的な韓国の家では、女子は生まれても、家族の一員とは数えられないことすらあり、男子を産まない母親は家を追い出される例もあった。このような社会背景から、女性は言葉や行動による怒りの表現を禁じられ、忍従を強要された。それらの結果潜在化した怒りが、「火病」の身体症状として表現される、と解釈されている。[要出典]

かつては患者の80%が女性だったが、近年は男性の患者も増加傾向にある[12]。2012年現在、韓国の小・中・高校生648万人のうち105万人(16.2%)は、うつ病の兆候や暴力的な傾向を示す「要関心群」で、そのうち22万人は、すぐに専門家の診断や治療を受けるべき「要注意群」であることが分かっている[20]

ネットスラング[編集]

中嶋泰憲によると、ネットでは「急に怒り出す人」の代名詞のように使用されるが、本来の「火病」に対する全くの誤解であるという[7]室谷克実によると、日本の2ちゃんねる用語では「火病 (かびょう・ファビョン)」といい、三橋貴明によると、2ちゃんねるのファビョンは、ヒステリックになって、何が何だかわからなくなり、最後に怒りのあまり倒れてしまう症状であるという[21]。『2典』によると、2ちゃんねるでは、韓国人 (とおぼしき人) が、(本来の症状とは違うのだが)唐突に逆切れした場合などに使い、「ファビョーン」と伸ばして使用されることが多い、という[22]。また、「ファビョる」は「ファビョン」の動詞形で、逆上した人に対する侮蔑の意を込めて表現したもので、韓国・朝鮮人に限らず、単に「キレる」という意味でも使われる、という[22]内山弘は、2ちゃんねるとニコニコ動画からネット用語を収集し、動詞化語尾「~る」を使って創造された新語の一つに「ファビョる」を挙げている。意味は「ぶち切れ状態になること」で、朝鮮語の 「 (火病=ファビョン)」からであるという[23][信頼性要検証]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 英語表記はHwabyung[2]であるが、Hwapyungとされている場合もある。
  2. ^ 〖漢方〗心気症。類語に鬱火症 (: 울화증) がある[3]
  3. ^ DSM-Ⅳ 精神障害の診断と統計マニュアル』の「文化に結びついた症候群の用語集」に記載が見られる[11][12]。『DSM-5 精神障害の診断と統計マニュアル』の「苦痛の文化的概念の用語集」には記載がない[13]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 呉善花 2014, p. 192
  2. ^ a b “火病にはワールドカップが薬?”. 中央日報 日本語版. (2006年6月12日). https://japanese.joins.com/JArticle/76686 
  3. ^ 大阪外国語大学朝鮮語研究室編; 主幹: 塚本勲―北嶋静江『朝鮮語大辞典 下巻 ㅅ~ㅎ』角川書店、昭和61年2月20日、ISBN 4-04-012200-3、1809頁。
  4. ^ 朝鮮總督府編『朝鮮語辭典』朝鮮總督府、大正九年三月三十日發行、六四三頁
  5. ^ a b キム・ソヒョン 2019, p. 58
  6. ^ a b 久保田るり子 (2003年12月10日). “恨(ハン)と火病(ファッピョン)”. 産経新聞. 2019年10月31日閲覧。
  7. ^ a b c d 中嶋泰憲 (2010年12月16日). “火病(韓国):怒りを抑圧した結果の心身の異変”. AllAbout. 2019年11月1日閲覧。
  8. ^ 慎武宏 (2018年7月19日). “『グッド・ドクター』の生みの親・韓国は先進国の中で「もっとも医師の少ない国」?”. YahooNews. 2019年11月1日閲覧。
  9. ^ 韓国・済州島に「慰安婦像」 日本史捏造でも、消し去れぬ島の数万人虐殺史SANKEI EXPRESS 2015年10月19日09:14配信、2/5ページ)2019年10月26日確認
  10. ^ パク・ヨンミ英語版著・満園真木訳『生きるための選択 ―少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った』辰巳出版、2015年11月20日 初版第1刷発行、ISBN 978-4-7778-1609-5、40頁。Hwa-byung―a common diagnosis in both North and South Korea that roughly translates into “disease caused by mental or emotional stress".
  11. ^ a b American Psychiatric Association [編]; 髙橋三郎、大野裕、染谷俊幸訳『DSM-IV 精神疾患の診断・統計マニュアル』医学書院、1996年5月15日発行 第1版第1刷、ISBN 4-260-11804-8、809頁。原著第4版 (Washington D.C.: American Psychiatric Association, 1994) の全訳。
  12. ^ a b “火病とFコード〜病を隠して育てて来た韓国の風土変えよう” (朝鮮語). 中央日報. (2007年11月13日). http://healthcare.joins.com/master/healthmaster_article_view.asp?contCode=011000&total_id=2945064 [リンク切れ]
  13. ^ American Psychiatric Association [編]; [日本語版用語監修] 日本精神神経学会 [監訳] 髙橋三郎、大野裕「苦痛の文化的概念の用語集」『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』医学書院、2014年6月15日 第1版第1刷発行、ISBN 978-4-260-01907-1、827~831頁。
  14. ^ 한국인 화병 급증, 한국인에게만 발생…직장인 90% ‘화병 경험’” (朝鮮語). 뉴스1 (2015年1月28日). 2019年9月26日閲覧。
  15. ^ “韓国人の火病急増、サラリーマン90%が病む…その原因は?”. 中央日報 日本語版. (2015年1月28日). https://japanese.joins.com/JArticle/195921 
  16. ^ 呉善花 2014, p. 193
  17. ^ a b 呉善花 2014, p. 195
  18. ^ 呉善花 2014, pp. 195-196
  19. ^ 呉善花 2014, p. 197
  20. ^ 金秀恵 (2013年2月17日). “韓国の小中高生、22万人は「精神科の受診が必要」”. 朝鮮日報 日本語版. オリジナルの2013年2月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130217032500/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/02/17/2013021700185.html 2013年2月17日閲覧。 
  21. ^ 三橋貴明室谷克実『韓国人がタブーにする韓国経済の真実』PHP研究所、ISBN 978-4-569-79661-1、2011年06月18日 発行、163頁。
  22. ^ a b 2典プロジェクト『2典 第3版』宝島社、2005年8月13日 第1刷発行、ISBN 4-7966-4754-6、448頁。
  23. ^ 内山弘「ネットの日本語 -2ちゃんねるとニコニコ動画を中心に-」 (pdf) 『地域政策科学研究』第7巻、鹿児島大学大学院人文社会科学研究科地域政策科学専攻、2010年11月、 230頁。

参考文献 [編集]

  • 呉善花「火病に苦しむ韓国人」『「反日韓国」の自壊が始まった』悟空出版、2014年11月7日。ISBN 978-4-908117-01-5
  • キム・ソヒョン『1日10分、めぐりをよくして不調を改善 しり温活美人』ポプラ社、2019年1月13日。ISBN 978-4-591-15836-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]