火星の地域一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

火星の地域一覧(かせいのちいきいちらん)では、アメリカ地質調査所が30に分割した火星の地理範囲を示す。番号のMCの意味はMars Chart(火星の図表)略語である、名前はアルベド地形の古典的な名称に由来する。

一覧[編集]

番号[1] 名前 経緯度[注釈 1]
MC-01 ボレウム海地域 (Mare Boreum quadrangle) (北極) 緯度65~90度、経度0~360度
MC-02 ディアクリア地域 (Diacria quadrangle) 緯度30~65度、経度120~180度
MC-03 アルカディア地域 (Arcadia quadrangle) 緯度30~65度、経度60~120度
MC-04 アキダリウム海地域 (Mare Acidalium quadrangle)[2] 緯度30~65度、経度0~60度
MC-05 イスメニウス湖地域 (Ismenius Lacus quadrangle) 緯度30~65度、経度300~360度
MC-06 カシウス地域 (Casius quadrangle)[3] 緯度30~65度、経度240~300度
MC-07 ケブレニア地域 (Cebrenia quadrangle) 緯度30~65度、経度180~240度
MC-08 アマゾニス地域 (Amazonis quadrangle) 緯度0~30度、経度135~180度
MC-09 タルシス地域 (Tharsis quadrangle) 緯度0~30度、経度90~135度
MC-10 ルナエ沼地域 (Lunae Palus quadrangle) 緯度0~30度、経度45~90度
MC-11 オクシア沼地域 (Oxia Palus quadrangle) 緯度0~30度、経度0~45度
MC-12 アラビア地域 (Arabia quadrangle)[4] 緯度0~30度、経度315~360度
MC-13 シルティス・メジャー地域 (Syrtis Major quadrangle)[5] 緯度0~30度、経度270~315度
MC-14 アメンシェス地域 (Amenthes quadrangle) 緯度0~30度、経度225~270度
MC-15 エリーシウム地域 (Elysium quadrangle) 緯度0~30度、経度180~225度
MC-16 メムノニア地域 (Memnonia quadrangle) 緯度-30~0度、経度135~180度
MC-17 フェニキス湖地域 (Phoenicis Lacus quadrangle) 緯度-30~0度、経度90~135度
MC-18 コプラテス地域 (Coprates quadrangle) 緯度-30~0度、経度45~90度
MC-19 マルガリティファー入江地域 (Margaritifer Sinus quadrangle) 緯度-30~0度、経度0~45度
MC-20 サバエウス入江地域 (Sinus Sabaeus quadrangle) 緯度-30~0度、経度315~360度
MC-21 イアピーギア地域 (Iapygia quadrangle) 緯度-30~0度、経度270~315度
MC-22 ティレヌム海地域 (Mare Tyrrhenum quadrangle) 緯度-30~0度、経度225~270度
MC-23 アイオリス地域 (Aeolis quadrangle) 緯度-30~0度、経度180~225度
MC-24 ファエトンティス地域 (Phaethontis quadrangle) 緯度-65~-30度、経度120~180度
MC-25 サウマシア地域 (Thaumasia quadrangle) 緯度-65~-30度、経度60~120度
MC-26 アルギル地域 (Argyre quadrangle) 緯度-65~-30度、経度0~60度
MC-27 ノアキス地域 (Noachis quadrangle)[6] 緯度-65~-30度、経度300~360度
MC-28 ヘラス地域 (Hellas quadrangle) 緯度-65~-30度、経度240~300度
MC-29 エリダニア地域 (Eridania quadrangle) 緯度-65~-30度、経度180~240度
MC-30 アウストラレ海地域 (Mare Australe quadrangle) (南極) 緯度-90~-65度、経度0~360度

注釈[編集]

  1. ^ 経度は西経

出典[編集]

外部リンク[編集]