灘黒岩水仙郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

灘黒岩水仙郷(なだくろいわすいせんきょう)は、兵庫県南あわじ市(旧南淡町)灘黒岩に位置するスイセンの群生地である。日本三大群生地の一つ。

概要[編集]

諭鶴羽山から紀伊水道に続く斜面約7haに、約500万本のニホンズイセンが自生する。道路標識や看板によっては黒岩水仙郷灘水仙郷とも表記される。

船山馨の小説『お登勢』のヒロインお登勢は灘黒岩の出身という設定である。水仙郷は淡路国徳島藩の領地であった1820年代に、近隣の住民が海岸に漂着した球根を植えたのが始まり。兵庫県内のみならず近畿各府県からの観光客が訪れる一大名所となっている。

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]