瀬石温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg瀬石温泉
Seseki spa.JPG
温泉情報
所在地 北海道目梨郡羅臼町瀬石
座標 北緯44度10分41秒
東経145度18分43.9秒
座標: 北緯44度10分41秒 東経145度18分43.9秒
交通 北海道道87号知床公園羅臼線を羅臼町市街地から北上、車で約20分(23km)
泉質 ナトリウム塩化物泉
泉温(摂氏 64 ℃
宿泊施設数 0
外部リンク 世界遺産 瀬石温泉〜北海道の秘湯〜知床羅臼のせせき温泉
特記事項 満潮時に海没するため、入浴できない時間帯がある。
テンプレートを表示
海没状態

瀬石温泉(せせきおんせん)とは、北海道目梨郡羅臼町瀬石にある温泉野湯)。カタカナセセキ温泉と表記する場合もある。

海岸線の際にあり満潮時には海没することから、旅行者向けガイドブックへやテレビ番組でしばしば取り上げられる。

アクセス[編集]

北海道道87号知床公園羅臼線を羅臼町市街地から北上、車で約20分(23km)。海側に大きな標柱を持つ駐車場が目印。

泉質[編集]

ナトリウム塩化物泉。泉源は64度。潮汐に伴い海水の影響を受けるため、泉温は一定しない。

温泉街[編集]

周辺には漁師の瀬石番屋があるのみ。

名称由来[編集]

アイヌ語で「温泉」を意味する「セセキ」に由来する。北海道南部や西部では日本語の「湯」の影響を受け、温泉を「ユー」と呼ぶが、北海道東部は本来のアイヌ語が残っている。

注意点[編集]

濱澤水産(株式会社丸濱ワーク)が管理している野湯。入浴の際には、瀬石番屋の管理者に一言断りを入れ了解を得る必要がある。入浴料は無料(募金箱あり)。

開湯期間は7月初旬〜9月中旬又は下旬。干潮時のみ入浴可能。おすすめの時間帯はお昼前後としている。入り口にはゲートが設置しており、ゲートが開いている時間帯のみ入浴できる。入浴時間は干潮時の清掃後に限られるため、日によって変わり、瀬石番屋に問い合わせて欲しいとしている。

瀬石温泉の標柱が立った駐車場があり、駐車容量は10台程度。駐車場にトイレあり。近隣の空き地、海岸の砂利部分はコンブ干場になっており、車両の立ち入り・焚き火キャンプは禁止されている。

トピック[編集]

浴槽が海没するたびゴミ除去などの清掃が必要なこと、知床半島世界遺産登録後に観光客が激増しマナーが悪化するなど、管理上の負担は見かけ以上に大きい。このため、2006年には管理人が決まらず閉鎖寸前になった。現在は、濱澤水産(株式会社丸濱ワーク)が管理している。

北の国から 2002 遺言』のロケ地としても使われた。

外部リンク[編集]