瀬田町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
せたちょう
瀬田町
Seda Shiga chapter.JPG
1955年4月1日制定の町章
廃止日 1967年4月1日
廃止理由 編入合併
滋賀郡堅田町栗太郡瀬田町大津市
現在の自治体 大津市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 滋賀県
栗太郡
面積 52.16km2.
総人口 20,327
国勢調査1965年
隣接自治体 大津市、草津市
栗太郡栗東町
甲賀郡信楽町
瀬田町役場
所在地 滋賀県栗太郡瀬田町
 表示 ウィキプロジェクト

瀬田町(せたちょう)は、滋賀県栗太郡にあった。現在の大津市の南東部、琵琶湖の沿岸、瀬田川の左岸、東海道本線琵琶湖線)・瀬田駅の周辺および瀬田各町・上田上各町にあたる。本項では町制施行以前にあった瀬田村(せたむら)についても述べる。

地理[編集]

  • 山岳 : 牟礼山、鶏冠山
  • 湖沼 : 琵琶湖
  • 河川 : 瀬田川、長沢(ながそ)川、宮川、萱尾川

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、大江村・橋本村・神領村・南大萱村・月輪村・栗林新田の区域をもって瀬田村が発足。
  • 1927年昭和2年)1月1日 - 瀬田村が町制施行して瀬田町となる。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 上田上村と合併し、改めて瀬田町が発足。
  • 1967年(昭和42年)4月1日 - 大津市に編入。同日瀬田町廃止。

交通[編集]

鉄道路線[編集]

町域を日本国有鉄道東海道本線東海道新幹線が通過したが、駅は所在しなかった。現在は東海道本線に瀬田駅が所在するが、開業したのは合併後の1969年(昭和44年)である。

道路[編集]

現在は旧町域に名神高速道路京滋バイパス瀬田東ジャンクション瀬田東インターチェンジ、名神高速道路の草津パーキングエリア(上り線)・瀬田西インターチェンジ新名神高速道路草津田上インターチェンジの敷地の一部が所在するが、当時は未開通。

参考文献[編集]