瀬田正忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
瀬田掃部から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
瀬田正忠
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文17年(1548年)?
死没 文禄4年7月5日1595年8月10日
改名 正忠→伊繁
別名 瀬田掃部、通称:清右衛門
官位 従五位下掃部頭
主君 後北条氏?→豊臣秀吉秀次
氏族 瀬田氏

瀬田 正忠(せた まさただ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将豊臣氏の家臣。茶人として利休七哲に数えられ、官位に由来する「瀬田掃部」という名乗りで知られる。

略歴[編集]

出自は不明ながら[1]高山右近の推挙により豊臣秀吉に仕え、天正12年(1584年)に小牧・長久手の戦いに従軍している。秀吉の関白就任に伴い、従五位下掃部頭に叙任。天正15年(1587年)の九州平定、同18年(1590年)の小田原征伐等に従軍。小田原征伐では、徳川家康らが落城させた相模国玉縄城古田重然と共に入り守備についた。また、天正16年(1588年)に後陽成天皇聚楽第を行幸した際に、芝山宗綱と共に先導役を務めたとされるが、豊臣秀次と親しく、文禄4年(1595年)、秀次の粛清に連座して処刑された。[2]

千利休の高弟として知られ、大きな平高麗茶碗や、後にその名をとって「掃部形」と称されることとなる、大きな櫂先を持った茶杓を愛用し、「さらし茶巾[3]」と呼ばれる点前を考案したといわれている。

脚注[編集]

  1. ^ 武蔵国の出で、後北条氏に仕えていた説、近江国瀬田の出という説がある。
  2. ^ 秀吉の朝鮮出兵に強く反対していたという説もある
  3. ^ 平碗に水を入れ、琵琶湖に見立て、茶杓を瀬田の唐橋に見立て、その中に茶巾を入れて絞るという涼しげな作法。「洗い茶巾」とも。