瀬木三雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

瀬木 三雄(せぎ みつお、1908年 - 1982年)は日本医学博士名古屋市生まれ。東京大学医学部卒業。旧厚生省の初代母子衛生課長として母子健康手帳を創設し[1]、東北大学医学部にて公衆衛生学教室を主宰[2]。癌統計学の第一人者として知られ、いわゆる「瀬木の帽子」(胎児の基底顆粒細胞集団)の発見者でもある。1971年に退官。瀬木学園(現 愛知みずほ大学等)理事長、学長、高校長を歴任。

脚注[編集]

  1. ^ 巷野悟郎、福島正美 (1999年). “母子健康手帳の変遷に対する歴史的レビュー (PDF)”. 平成11年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)「母子健康手帳の評価とさらなる活用に関する研究」. 厚生労働省. pp. 1,11. 2011年10月23日閲覧。
  2. ^ 東北大学医学部公衆衛生学講座. “東北大学医学部公衆衛生学教室の歴史”. 東北大学. 2011年10月23日閲覧。