瀬川拓郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

瀬川 拓郎(せがわ たくろう、1958年1月1日 - )は、日本考古学者アイヌ研究者。札幌大学教授。

北海道札幌市生まれ。北海道札幌西高等学校を経て、1980年岡山大学法文学部史学科卒業。1984年旭川市に採用され、1999年より旭川市博物館学芸員2006年、「擦文文化からアイヌ文化における交易適応の研究」で総合研究大学院大学より博士(文学)を取得[1]。アイヌが一大交易民族であり、アイヌ文化が他地域との交流の豊かなものであったことを論じた『アイヌ学入門』で第3回古代歴史文化賞を受賞した。旭川市博物館館長を経て、札幌大学教授。

著書[編集]

  • 『アイヌ・エコシステムの考古学 異文化交流と自然利用からみたアイヌ社会成立史』北海道出版企画センター 2005
  • 『アイヌの歴史 海と宝のノマド』講談社選書メチエ 2007
  • 『アイヌの世界』講談社選書メチエ 2011
  • コロポックルとはだれか 中世の千島列島とアイヌ伝説』新典社新書 2012 
  • 『アイヌの沈黙交易 奇習をめぐる北東アジアと日本』新典社新書 2013
  • 『アイヌ学入門』講談社現代新書、2015
  • 『アイヌと縄文 もうひとつの日本の歴史』ちくま新書、2016

出典・脚注[編集]

  1. ^ 擦文文化からアイヌ文化における交易適応の研究 瀬川拓郎”. 国立国会図書館. 2012年9月10日閲覧。

外部リンク[編集]