瀬尾卓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
せお たくや
瀬尾 タクヤ
本名 瀬尾 卓也
生年月日 (1984-05-28) 1984年5月28日(36歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県
身長 168cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 2005年 -
事務所 フリー
テンプレートを表示

瀬尾 卓也(せお たくや、1984年5月28日 - )は、日本俳優埼玉県出身。明治大学商学部卒業。2018年3月31日をもってドルチェスターを退社し、現在はフリーで活動[1]

来歴・人物[編集]

  • 明治大学在学中にサンミュージックの養成所に通う。
  • 演劇研究部、通称「明大劇研」に入部。初舞台を踏む。
  • さぬき映画祭2019ショートムービーコンペティションにて7位「王子様のハンカチ」(王子様役)10位「霞ゆく瞳に宿る灯火」(医者役)入賞
  • 2019年、SNSで「実は僕結婚しておりまして、二児の父親やらせて貰っています」と突然の発表(結婚時期、子どもの年齢等は不明)

エピソード[編集]

2008年、俳優の先輩からドラマ北の国からを観るように勧められる。 感銘を受け、北の国からの脚本家、倉本聰氏の作品に出たいという一心で、倉本聰氏に毎月手紙を書くようになる。 しかし返事は一度も返ってこなかった。 2010年、銀河劇場にて富良野GROUP公演「谷は眠っていた」を観劇。 その後、ロビーでサイン会をしていた倉本聰氏に「舞台に出して下さい」と頭を下げるが一蹴される。 それでも、なお引き下がらず頼み込むと、「プロフィールを送ってくれ」とのことだったため、 その日のうちに北海道の富良野にある事務所にプロフィールを送った。 その後も手紙を書き続け、 2011年、初めて富良野グループから、連絡がくる。 「オーディションを受けないか」との誘いだった。 すぐさま富良野へ行き、オーディションに合格。 倉本聰氏脚本・演出の富良野GPOUP公演「歸國」水間光次役にて 初出演。 その後も同劇団の「マロース」「明日、悲別で」と参加する。 [2]

2015年、池田一真(しずる)主演「UBUGOE〜voice of comedy〜vol.2」に出演した際に、2700(お笑いコンビ)の八十島弘行が観劇し、 2015年7月10日「UBUGOE〜voice of comedy〜vol.5」の八十島脚本の朗読劇に、八十島本人より指名を受ける。 2700がプロデュースを務める、 女塾オールスターズのメジャーデビュー曲「ラッパーと過ごした2年間の日々」 (2015年8月5日リリース)が元となった朗読劇に、 ラッパー役として抜擢。

出演[編集]

映画[編集]

  • 「ハイタイム」今泉力哉監督(講師役)
  • 「空人」小沼雄一監督
  • 「ダブルミンツ」内田英治監督

 (高校教師役)

  • 「ボーダーライン」渡辺武監督
  • 「紅葉橋」石川二郎監督/堤 泰之脚本

 (長典明役)

  • 「テラリウムロッカー」葛里華監督

 (上司役)

ドラマ[編集]

  • 2005 ABC「THE WINDS OF GOD 〜零の彼方 へ〜」
  • 2015 CX「世にも奇妙な物語25周年スペシャル・春」

舞台[編集]

  • 2008.3時間堂「三人姉妹」 作/A・チェーホフ、演出/黒澤世莉
  • 2008.10電動夏子安置システム「笑うフレゴリ」 作・演出/竹田哲士
  • 2009.9柿喰う客「悪趣味」 作・演出/中屋敷法仁(シアタートラム)
  • 2009.12「MOTHERマザー〜特攻の母 鳥濱トメ物語」 作・演出/藤森一郎(新国立劇場)
  • 2010.5-12ミュージカル「アラジンと魔法のランプ」【主演】  作・演出/秋葉大介
  • 2011.4朗読劇「盲導犬サフィー、命の代償」 主演/入川保則
  • 2011.6-7富良野GROUP「歸國」 作・演出/倉本聰(富良野演劇工場ほか、全国ツアー)
  • 2012.1「マロース」  作・演出/倉本聰
  • 2012.7「明日、悲別で」  作・演出/倉本聰(富良野演劇工場ほか、東北ツアー)
  • 2012.9腹筋企画 「スクランブルエッグ」 作・演出/腹筋善之介
  • 2012.10腹筋企画 「ピロリーキング」  作・演出/腹筋善之介
  • 2012.11 aji「“椿姫”」  作/金子久美、演出/島貴之
  • 2013.1-3富良野GROUP 「明日、悲別で」 作・演出/倉本聰(富良野演劇工場ほか、全国ツアー)
  • 2013.4「マカロニ」【主演】  作・演出/伊藤裕一
  • 2013.8-9「激動」  演出/ダニエル・ゴールドスタイン、主演/水川あさみ(新国立劇場)
  • 2013.10電動夏子安置システム三劇場連動公演「檻の中にいるのはお前の方」「机の上ではこちらが有利」「随分と線引きの甘い地図」   作・演出/竹田哲士(シアターグリーン全館)
  • 2014.1-3「マロース」  作・演出/倉本聰(光が丘IMAホールほか、全国ツアー)
  • 2014.10「デッドorアライブorアルバイト」  作・演出/ますもとたくや
  • 2015.3 「UBUGOE-voice of comedy-vol.2」  作/八十島弘行(2700)主演/しずる
  • 2015.5「未来を知る男」【主演】 作・演出/金井寛
  • 2015.6「元カレ」  作/保木本真也、演出/岡本貴也(六行会ホール)
  • 2015.6「Cooking Love〜隠し味はウソ少々〜」  作・演出/鄭光誠
  • 2015.7「UBUGOE-voice of comedy-vol5」作/八十島弘行(2700)他。主演/福田充徳(チュートリアル)
  • 2015.8「はい、どーも!夏休みチャンピオン祭り〜コブラの乱〜」インプロ公演。主催/タイソン大屋
  • 2015.8「しずる館Festival 2015 in亀有」作/荒木太郎、岡本直樹。出演/しずる、2700、はんにゃ、小嶋菜月(AKB48)他。
  • 2015.11「タラレバ!!捜査会議室は張り込み部屋?!」作・演出/荒木太朗(銀座みゆき館劇場)
  • 2015.12「フレッシュとおっさん」トーキョーハイライトマイルド旗揚げ公演。作・演出/諸岡立身(下北沢駅前劇場)
  • 2016.1「HOLD THEM」【主演】 作・演出/伊藤裕一
  • 2016.3 Solid Starプロデュース「ヨビコー!!〜You be cool〜」作・演出/白柳力(六行会ホール)
  • 2016.4「人間風車」作/後藤ひろひと、演出/岡本貴也(六行会ホール)[3]
  • 2016,5山田ジャパン「ソリティアが無くなったらこの世は終わり」作・演出/山田能龍
  • 2016.6「ふらちな侍」演出/Kいち
  • 2016.7「チャペルで会いましょう」作・演出/荒木太朗
  • 2016.11「口紅」演出/和田憲明(赤坂レッドシアター)
  • 2017.1「ジュブナイル」演出:吉田武寛(シアター1010)[4]
  • 2017.2「ブレインズグラフィティ」(さいたま芸術劇場小ホール)
  • 2017.4「森下仁丹プレゼンツ 第三水曜即興芝居2017『こんなはずじゃなかった。〜第四節〜』」(下北空間リバティ)
  • 2017.5「空焚き」作・演出/関野翔太(中野スタジオあくとれ)
  • 2017.7「ドブ恋8」演出/金沢知樹(千本桜ホール)
  • 2017.7「YASOSHIMA Theater ~新しい演劇の世界へようこそ」作/八十島弘行(2700)演出/荒木太朗
  • 2017.8朝劇 西新宿「恋の遠心力」作/岡本貴也 演出/野村龍一
  • 2017.8「サスペリア」作・演出/A・ロックマン(千本桜ホール)
  • 2017.9「NO TRAVEL NO LIFE」作・演出/吉田武寛(シアターグリーン)
  • 2017.9コメディ舞台「完全犯罪」作/加藤歩(ザブングル)、岡安章介(ななめ45°)、八十島弘行(2700)演出/八十島弘行(2700) 、吉田武寛(LIPS*S,ILLUMINUS)、鄭光誠
  • 2017.10「まわれ!無敵のマーダーケース」作・演出/羽仁修(新宿サンモールスタジオ)
  • 2017.12「音楽劇 夜曲」原作/横内謙介、演出/西田大輔、脚色/岡本貴也(東京芸術劇場プレイハウス)[5]
  • 2018.2「佐山家シンフォニア」作・演出/荒木太朗(テアトルBONBON 中野ポケットスクエア)
  • 2018.5 アンミカ case.1「unravel」脚本/菊川はる、脚色/若宮亮、演出/私オム(新宿村LIVE)
  • 2018.5 舞台「家族のはなし」原作/鉄拳、脚本・演出/吉田武寛(IMAホール)
  • 2018.6 舞台「バクステ」作/堤泰之、演出/川本成(赤坂RED/THEAER)
  • 2018.11「アメコミリーグビギンズ」脚本・演出/ますもとたくや出演/なだぎ武
  • 2019.2劇団ハーベスト 第15回公演「肉体改造クラブ・女子高生版」演出/中村公平
  • 2019.4「舞台PSYCHO-PASSサイコパス Virtue and Vice」脚本/深見真、演出/本広克行(日本青年館ホール)
  • 2019.6「バクステ!!」作/堤泰之、演出/川本成(赤坂RED/THEAER)
  • 2019.7「古~inishie~」作/池谷雅夫、演出/私オム(シアターサンモール)
  • 2019.10「ハリトビ」作・演出/堤泰之、(シアターサンモール)

テレビ番組[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]