瀬尻稜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

瀬尻 稜(せじり りょう、1996年12月11日 - )は、日本のプロスケートボード選手。

人物[編集]

東京都出身。身長177㎝。

幼稚園の頃、父親から与えられたスケートボードがきっかけで競技を始める。自宅近くの武蔵野ストリートスポーツ広場で父親の熱血指導の下練習を積み、11歳にして日本スケートボード協会 (AJSA) のプロクラスグランドチャンピオンを史上最年少で獲得し、日本一になる。以降、さらに2010年から2012年まで3年連続でグランドチャンピオンに輝く。

2010年[いつ?]から海外の大会にも出場をはじめ、2013年には17歳でワールドカップで日本人初となる優勝を果たす(2戦連続優勝)。スポンサーはムラサキスポーツレッドブルオークリー等。

2021年の東京オリンピックでは、NHK Eテレ総合で放送のスケートボード部門の解説を務めた。真面目な口調で実況を担当した倉田大誠フジテレビアナウンサー)に対して、瀬尻による感情の籠もった飾らない瀬尻と同年代の男子が多用する口調での解説との掛け合いで話題を集めた[1][2][3]

成績[編集]

以下、リンクより抜粋。

出演[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]