瀬地山敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

瀬地山 敏(せちやま さとし、1936年4月12日 - )は、日本経済学者。 専門はケインズ経済学であるが、新古典派ではなくピエロ・スラッファを嚆矢とする現代ケンブリッジ学派に属する。 京都大学経済学部長、総長特別補佐(副学長に相当)、鹿児島国際大学学長を歴任。京都大学名誉教授。2014年瑞宝中綬章受章

学歴[編集]

職歴[編集]

役職等[編集]

  • 1996年3月 進化経済学会初代会長
  • 2000年4月 京都大学名誉教授
  • 2009年10月 日本私立大学協会理事
  • 2011年4月 日本私立大学協会常務理事

著書[編集]

  • 『現代多国籍企業の技術選択』(共著、日本貿易振興会1983年
  • 『マクロエコノミックス』(昭和堂、1986年)

訳書[編集]

門下生・家族[編集]

関連項目[編集]