瀬下清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

瀬下 清(せじも きよし、1874年9月18日 - 1938年9月24日)は日本の銀行家三菱銀行元会長。

来歴[編集]

長野県佐久郡三塚村(現佐久市)に代々庄屋を務める豪農の家に生まれる。瀬下七兵衛の三男。6歳で上京し、東京英語学校、大手町商業予備門に学び、明治26年(1893年)東京高等商業学校(現一橋大学)附属主計学校卒業[1]第百九国立銀行に入行し、同28年(1895年)三菱合資会社銀行部に移る。同神戸支店長時代には灘の酒造メーカー「桜政宗」に破格の融資を行って立ち直らせた。また勧業銀行による森永製菓の救済も仲介した。2年間イギリスに留学し、大正8年(1919年)三菱合資会社銀行部が三菱銀行として分離独立すると、常務取締役に昇格した。昭和6年(1931年)、世界恐慌の影響により、長野県の信濃銀行が整理されたのを受け、六十三銀行第十九銀行の合併を仲介し、現在の八十二銀行を発足させ、「信州財界の救世主」と称された[2]。また郷里の旧制野沢中学(長野県野沢北高等学校)に化学実験室を、菩提寺の貞祥寺に図書室を寄贈した。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人事興信録』第8版 人事興信所、1928年
  2. ^ 佐久の先人たち 瀬下清
  3. ^ 瀨下清 (男性)人事興信録データベース第8版 [昭和3(1928)年7月](名古屋大学大学院法学研究科

参考文献[編集]

  • 宝月圭吾編 『長野県風土記』 旺文社、1986年
  • 中村勝実「近代佐久を開いた人たち」櫟、1994年
先代:
串田万蔵
三菱銀行会長
1935年 - 1938年
次代:
加藤武男