濱田浩一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

濱田 浩一郎(はまだ こういちろう 1983年4月8日 - )は兵庫県出身の歴史学者作家評論家タレント。専門は歴史学

略歴・人物[編集]

  • 大阪府生まれ、兵庫県相生市出身。フォークシンガー・ばんばひろふみのラジオ番組にゲスト出演した際、500gの超未熟児として誕生したことを公にする。医師や看護婦の懸命な看護の甲斐あって、命を失うことなく退院。そのこともあり、祖父母から「人や社会に少しでも恩返しできる人間になれ」と幼少期より何度も言われたという。中学・高校・大学ではソフトテニス部に所属。2002年皇學館大学文学部国史学科に入学。指導教員は歴史学者の恵良宏。2006年皇學館大学大学院文学研究科博士前期課程に進学。歴史学者の上横手雅敬に師事。2011年皇學館大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。同年、兵庫県立大学内播磨学研究所研究員、姫路日ノ本短期大学非常勤講師。2012年姫路獨協大学非常勤講師。
  • 現代社会の諸問題に歴史学を援用し迫り、解決策を提示する研究者。改憲論者であり、その著書のなかで国民投票の広域化を提案する。徴兵制や核武装・海外派兵・その他、重要事案の可否も国民投票で決めるべきとする。

経歴[編集]

  • 1983年 大阪府生まれ
  • 2002年 兵庫県立相生高等学校卒業
  • 2006年 皇學館大学文学部卒業
  • 2008年 皇學館大学大学院文学研究科国史学専攻博士前期課程修了
  • 2010年 姫路獨協大学播磨学研究所研究員
  • 2011年 皇學館大学大学院文学研究科国史学専攻博士後期課程単位取得満期退学
  • 2011年 兵庫県立大学内播磨学研究所研究員
  • 2011年 姫路日ノ本短期大学非常勤講師
  • 2012年 姫路獨協大学非常勤講師、大阪観光大学観光学研究所客員研究員大阪維新の会維新政治塾維新サポーター、未来政治塾塾生

著作[編集]

単著[編集]

  • 『播磨赤松一族』(新人物往来社2009年)
  • 『あの名将たちの狂気の謎』(中経の文庫2009年)
  • 『日本史に学ぶリストラ回避術』(北辰堂出版2010年)
  • 『日本人のための安全保障入門―憲法九条を中心に―』(三恵社2011年)
  • 『歴史は人生を教えてくれる―15歳の君へ』(桜の花出版2011年)
  • 『超口語訳 方丈記』(東京書籍2012年)
  • 『日本人はこうして戦争をしてきた』(青林堂2012年)
  • 『超訳 橋下徹の言葉』(日新報道2012年)

共著[編集]

  • 『兵庫県の不思議事典』(新人物往来社 2007年)‐有井基・大国正美・橘川真一編
  • 『赤松一族 八人の素顔』(神戸新聞総合出版センター2011年) -播磨学研究所編
  • 『ビジュアル 人物で読む太平洋戦争』(世界文化社2011年)-保阪正康・太平洋戦争研究会
  • 『「坂の上の雲」を歩く 完結編』(三栄書房2011年)
  • 『図説源平合戦のすべてがわかる本』(洋泉社2011年)
  • 『源平合戦「3D立体」地図』(宝島社2012年)
  • 『世界を変えたイノベーター コンピュータ世界の50傑』(オークラ出版2012年)
  • 『病院でほんとうにあった怖い話』(宝島SUGOI文庫2012年)
  • 『ビジュアル 大正クロニクル』(世界文化社2012年)
  • 『現代日本を操った黒幕たち』(宝島社2012年 のち宝島SUGOI文庫)
  • 『暗殺の日本史 消された歴史の謎を解く』(宝島社2013年)
  • 『TPPでどうなる?あなたの生活と仕事』(宝島社2013年)
  • 『大江戸まる見え番付ランキング』(学研パブリッシング2013年)
  • 『邪馬台国の正体』(徳間書店2013年)
  • 『零式艦上戦闘機と人間堀越二郎』(徳間書店2013年)
  • 『戦国最強の軍師黒田官兵衛と竹中半兵衛』(洋泉社2013年)
  • 『NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 軍師官兵衛』(NHK出版2013年)
  • 『神戸謎解き散歩』(KADOKAWA/中経出版2014年)
  • 『鬼平と大江戸犯科帳』(洋泉社2014年)

監修[編集]

  • 『戦国武将のリストラ逆転物語』(エクスナレッジ2013年)

出演番組[編集]

外部リンク[編集]