濱田啓介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

濱田 啓介(はまだ けいすけ、1930年8月11日 - )は、日本国文学者京都大学名誉教授。専門は近世文学

人物[編集]

東京市生まれ、神戸市で育つ。

京都大学文学部卒業。卒業後は地方公務員の公立学校教員となり、大阪府立夕陽丘高等学校教諭、北野高等学校教諭、鹿児島大学専任講師、助教授を経て、1977年京都大学教養部教授、1992年総合人間学部教授。1996年定年退官、花園大学教授、現在客員教授。

1994年、『近世小説 営為と様式に関する私見』により第16回角川源義賞を受賞。

1995年 京都大学 文学博士 論文は「近世小説・営為と様式に関する私見 」。[1]

曲亭馬琴が専門だが、近世小説全般に通じる。『南総里見八犬伝』に初めて注釈をつけ、勉誠出版から刊行が予定されている。

著書[編集]

  • 近世小説・営為と様式に関する私見 京都大学学術出版会、1993
  • 近世小説・伝達と様式に関する私見 京都大学学術出版会、2010 

校訂[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース