この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

濱口華菜里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

濱口 華菜里
Kanari Hamaguchi
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-08-29) 1985年8月29日(33歳)
出身地 長崎県諫早市
ラテン文字 Kanari Hamaguchi
身長 167cm
体重 59kg
血液型 A型
選手情報
愛称 リイ
ポジション L
指高 213cm
利き手
スパイク 280cm
ブロック 269cm
 
獲得メダル
世界選手権
2010 女子バレーボール
テンプレートを表示

濱口 華菜里(はまぐち かなり、女性、1985年8月29日 - )は、日本の元バレーボール選手。長崎県諫早市出身。ニックネームはリイプレミアリーグ東レ・アローズに所属していた。

来歴

小学校3年生からバレーボールを始める。九州文化学園高校では、主将として2003年インターハイ優勝、国体ベスト4を経験した。

2004年東レアローズに入団。安定したレシーブ力と当時のチーム事情から、内定選手だった2003年第10回Vリーグに開幕戦からスタメン出場し、レギュラーを獲得すると同時にチームのリーグ準優勝に貢献。2004年第53回黒鷲旗全日本選手権大会では若鷲賞(新人賞)を受賞した。

2008年2007-08Vプレミアリーグにおいて東レのリーグ初優勝に貢献し、レシーブ賞を獲得。同年のAVCアジアクラブ選手権で3位になり、ベストリベロ賞に輝いた。

2009年4月全日本女子代表メンバーに登録された。2008-09Vプレミアリーグで2連覇、第58回黒鷲旗大会で優勝に大きく貢献した。同年11月グラチャンに出場した。

2010年2009-10Vプレミアリーグで史上初の3連覇を果たし、自身もベストリベロ賞を受賞した。同シーズンの日韓Vリーグトップマッチ第59回黒鷲旗大会の3冠を達成した。同年10-11月開催の世界選手権のエントリーメンバー14名に選ばれ、大会に参加。銅メダルを獲得した[1]

2011年モントルーバレーマスターズで初優勝を果たした。同年12月の平成23年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会で4年ぶりに優勝した。

2012年2011-12Vプレミアリーグで2年ぶりに優勝した。第61回黒鷲旗大会で準優勝し、ベストリベロ賞に輝いた。

2012年11月25日の対トヨタ車体戦に出場、通算出場試合数が230試合となりVリーグ栄誉賞(長期活躍選手)の受賞資格を獲得した[2]。2013年6月、東レを勇退[3]

球歴

所属チーム

受賞歴

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[4]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2003/04 東レ 17 66 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 438 74.7% 0 内定選手
2004/05 26 97 0 0 0.0% % 0 0.00 1 0 0.00% 25.0% 528 77.1% 0
2005/06 27 99 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 440 74.5% 0
2006/07 27 111 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 475 78.7% 0
2007/08 27 97 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 458 70.3% 0
2008/09 27 106 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 503 70.8% 0
2009/10 28 108 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 512 61.1% 0
2010/11 26 97 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 511 75.5% 0
2011/12 21 79 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 258 66.3% 0
2012/13 28 115 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 475 69.3% 0
通算 254 975 0 0 0.0% % 0 0.00 1 0 0.00% 25.0% 4598 72.1% 0

脚注

  1. ^ その中からベンチに入れるのは、各試合ごとに12名。同じポジションのリベロに佐野優子がいたこともあり、14人中唯一人、一度もベンチ入り・出場はできなかった。
  2. ^ Vリーグ機構. “東レアローズ(女子)濱口華菜里選手、中道瞳選手が栄誉賞受賞確定”. 2015年2月24日閲覧。
  3. ^ 東レ・アローズ. “濱口選手の勇退について”. 2013年6月4日閲覧。
  4. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2015年2月24日閲覧。

外部リンク