澹台滅明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

澹台 滅明(たんだい めつめい、紀元前502年? - 没年不詳)は、中国春秋時代儒学者孔子の弟子のひとり。子羽の武城(現在の山東省臨沂市平邑県)の出身。

容貌が非常に醜かったために、孔子は彼を愚鈍で才能に乏しいものと思った。しかし学業を受けてから、隠退して行いを修め、道を学び、名声が諸侯の間に伝わり、子游に公正さを賞された。見かけで人の能力を判断すると失敗するという例として、『史記』の張良伝(留侯世家)で用いられている。孔子は後に「吾、貌を以て人を取り、之を子羽に失す」と語っている。