澤藤統一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

澤藤 統一郎(さわふじ とういちろう、1943年8月 - )は、日本弁護士

盛岡市生まれ。1971年東京弁護士会に弁護士登録。憲法・司法・労働・教育・消費者・医療・薬害・宗教の分野に関心を持ち、豊田商事事件、霊視商法、スモン、未熟児網膜症、靖国神社問題関連訴訟、岩手銀行女子行員家族手当差別事件、自衛隊海外派遣違憲訴訟(湾岸戦争戦費支出差止請求事件)、東京日の丸君が代強制違憲訴訟などに関わった。元日本民主法律家協会事務局長、元日本弁護士連合会消費者問題対策委員会委員長、元東京弁護士会消費者委員長。公益財団法人第五福竜丸平和協会監事[1][2][3][4]

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]