澤田サンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

澤田サンダー(さわださんだー、1976年5月22日 - )は、日本映画監督脚本家作家。2007年に岡本太郎現代芸術賞での展示が実質のデビュー。2010年には34歳で東京芸術大学大学院に入学。在学中に複数のインディペンデント系主要脚本賞を受賞。同学科初の奨学金全額免除者となる。2015年には5年ぶりに現代美術のフィールドにて、映像作品を発表。若手現代美術家を育成することで知られるACAC(国際芸術センター青森)にて個展を行う。2017年には「ひかりのたび」の全国で劇場公開された。

略歴[編集]

映画[編集]

  • 2011年「惑星のささやき」(監督・脚本:澤田サンダー、音楽:三富栄治)

伊参スタジオ映画祭、函館港イルミナシオン映画祭、福岡インディペンデント映画祭(優秀作品)、渋谷ヒカリエ「真夜中の映画祭」(第2部「若き才能の挑戦」にて最多得票上映権を獲得、3RD THEATER FESTIVAL入選ニコ生にて上映)などで公開

  • 2013年 ヒカリエイガ「私は知ってる、私は知らない」(監督・脚本:澤田サンダー 短編)

渋谷ヒカリエ一周年記念「Happy Happening」の「真夜中の映画祭 第一夜」、UPLINK Xなどで上映。 福井映画祭(審査員特別賞)、新人監督映画祭入選、ラブストーリー映画祭入選など。

  • 2015年 「ECHO」(監督・脚本:澤田サンダー)

ACAC国際芸術センター青森にて展示(2015年2月7日〜3月15日)、名古屋フィルムミーティング、19th CHOFU SHORT FILM COMPETITION 奨励賞受賞、フォルモサ台湾国際映画祭

伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2015中編の部大賞、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭国際長編部門ノミネート、函館港イルミナシオン映画祭、高崎映画祭、キプロス国際映画祭(長編コンペティション・撮影賞受賞)、チチェスター国際映画祭(イギリス)、メイン国際映画祭(アメリカ)、Japancut!(アメリカ・ニューヨーク)、アセンズ国際映画祭(国際長編コンペティション入選・アカデミー公認・オハイオ州)、東京・大阪・神戸・仙台・青森など全国10箇所以上にて劇場公開

連載[編集]

展示作品[編集]

  • 2006年「幼なじみのバッキー」(原作・編集・作画指示:澤田サンダー、イラスト・油絵:増山麗奈
  • 2007年「エキサイティング・スポーツ・過労死」(原案・写真撮影:澤田サンダー、モデル:カオリン)
  • 2008年「はじめての食事」(原作・編集・作画指示:澤田サンダー、イラスト・編集・デザイン:小板橋直子

賞歴[編集]

  • 2007年 「第10回岡本太郎現代芸術賞」入選 「幼なじみのバッキー」
  • 2008年 「エコアジアニズム」入選 「エキサイティングスポーツ過労死」
    • 審査員の満票であったが、諸事情によりグランプリにはならず。
  • 2010年 「函館港イルミナシオン映画祭 シナリオ大賞」審査員奨励賞 「暗闇の中に光る」
  • 2010年 「伊参スタジオ映画祭 シナリオ大賞」中編の部 グランプリ 「惑星のささやき」
  • 2015年 「福井映画祭」短編部門 審査員特別賞「私は知ってる、私は知らない」
  • 2015年 「伊参スタジオ映画祭 シナリオ大賞」中編の部 グランプリ 「ひかりのたび」
  • 2016年 「19th CHOFU SHORT FILM COMPETITION」奨励賞 「ECHO」

展覧会[編集]

出版[編集]

  • 2008年「幼なじみのバッキー」月曜社

寄稿および選出[編集]

掲載媒体[編集]

外部リンク[編集]