澤佳一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
澤佳一郎
生年月日 1979年
出身地 大阪
職業 映像作家
ジャンル ドキュメンタリー、フィクション、ミュージック・ビデオ
テンプレートを表示

澤 佳一郎(さわ けいいちろう、1979年 - )は、日本映像作家映画美学校ドキュメンタリー科修了。「reclusive factory」代表。

来歴[編集]

映画美学校ドキュメンタリー科では諏訪敦彦筒井武文に師事し、修了制作『そこにあるもの』を完成させる。翌年の「映画美学校セレクション」に選出される。

初のフィクション作品『モラトリアム』を2014年から制作開始し、2016年に発表。2018年夏に劇場公開に至る[1]

ドキュメンタリー作品ではテルミン奏者の竹内正実を追った『ニ・ムリョート』を制作。竹内が脳出血から復活し、コンサートをするまでを描いた。

フィルモグラフィー[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 『そこにあるもの』(2010年、2019年劇場公開)- 監督・撮影・編集(映画美学校セレクション)
  • 『ニ・ムリョート』(2018年) - 監督・撮影・編集

フィクション[編集]

  • モラトリアム』(2016年、2019年劇場公開) - 監督・脚本・撮影・編集
  • その夜を越えて』(2016年) - 監督・原案・撮影・編集(第一回妙善寺映画祭 最優秀作品賞・横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル2017 短編部門最優秀賞)
  • アリスの住人』(2021年) - 原案・監督・脚本・編集

ミュージック・ビデオ[編集]

  • 『blind bird』(2016年) - 監督・原案・撮影・編集

受賞歴[編集]

『その夜を越えて』

  • 第一回妙善寺映画祭 最優秀作品賞[2]
  • 横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル2017 短編部門最優秀賞[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]