澗隨操司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かんずい そうし
澗隨 操司
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 大阪府吹田市
生年月日 (1973-02-03) 1973年2月3日(46歳)
最終学歴 京都大学文学部卒業
勤務局 NHK京都放送局
部署 放送部副部長
職歴 大津高松大阪東京アナウンス室佐賀→ラジオセンター(ディレクター業務)→北見→京都
活動期間 1996年 -
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照

澗隨 操司(かんずい そうし、1973年2月3日 - )は、NHKアナウンサー

人物[編集]

私立金蘭千里高等学校を経て京都大学卒業後、1996年入局。

東京勤務時は生放送番組を担当。『囲碁・将棋ジャーナル』に初登場した際、「名前が、まるで四文字熟語」と自己紹介した。

幼少時からのプロレスファンを公言し、アナウンサーを志望した理由として「プロレス中継をやりたかったから」と明かしている[1]。小学校時代には段ボール箱を切り抜いて自らAWA世界ヘビー級王座ジャンボ鶴田が獲得した世界王座)のチャンピオンベルトを作ったことを『アナウンサーのディープな夜』(ラジオ第一放送、2017年6月26日放送)にて明かした[2]

2018年6月まで東京・ラジオセンター勤務。2018年6月よりアナウンサーに復帰、北海道・北見局勤務となる[3]ことが2018年6月8日放送のNHKラジオ第一「ごごラジ!」にて明かされた(電話出演し、北見に赴任する前に家族のいる大阪に立ち寄っていることを語った)。これまで東京以外は西日本の地域で勤務してきたが、初めてそれ以外の地域での勤務となる。

現在の出演番組・業務[編集]

過去の出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NHK-BSオンライン アナウンサー・リレーエッセー 2009年5月6日号参照。
  2. ^ NHKウイークリーステラ』2017年12月1日号「アナウンサー企画〈アナウンサーのディープな夜〉 NHKアナウンサーのディープな趣味に迫る!」
  3. ^ ちょっとそこまで”. ごごラジブログ (2018年6月8日). 2018年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]