この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

渋野日向子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
澁野日向子から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

No image.svg 渋野 日向子 Golf pictogram.svg
Hinako Shibuno
基本情報
名前 渋野 日向子
ニックネーム シブコ[1]
生年月日 (1998-11-15) 1998年11月15日(21歳)
身長 165 cm (5 ft 5 in)
体重 62 kg (137 lb)
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県岡山市
経歴
大学 岡山県作陽高等学校卒業
プロ転向 2018年=JLPGA90期
優勝数
LPGAツアー 1
日本LPGA 4
LPGA最高成績
(優勝: 1)
全英女子OP 優勝:2019
成績
初優勝 日本女子:ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ(2019)
米国女子:AIG全英女子オープン(2019)
世界ランク最高位 11位(2019年9月23日付)
賞金ランク最高位 2位(2019)
2019年12月3日現在
テンプレートを表示

渋野 日向子[2](しぶの ひなこ、1998年11月15日 - )は、岡山県岡山市出身の日本の女子プロゴルファーである。所属はRSK山陽放送。血液型はAB型。アマチュア時代の登録上の表記は澁野 日向子[3]。2019年の「AIG全英女子オープン」で日本人女子選手として樋口久子以来、42年ぶりの海外メジャー優勝を果たした[4]

経歴

アマチュア時代

陸上競技の投擲選手だった両親(父:砲丸投円盤投、母:やり投)の下、三人姉妹の二女として生まれる[5]。父親は岡山市水道局に勤務しており筑波大学出身[6]。母親も同じ大学の1年後輩[7]

岡山市立平島小学校2年生の夏休みにゴルフと出逢い、その年の12月からは地元のスポーツ少年団に入団してソフトボールも始めた[5]。ソフトボールでは投手となり、バッテイングはゴルフスイングとのバランスから左打ちに変えた[5]。ゴルフでは2010年「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(小学生・女子の部・高学年)で3位等の成績がある[8]

2011年に岡山市立上道中学校に進学[9]、学校で唯一の女子選手として軟式野球部に入るが[5]、同年「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(中学生・女子の部)で優勝すると[9]、中学2年生からゴルフ一本に絞った[5]。その裏には軟式野球部の監督から「ゴルフ一本の方が良い」という助言があったからだという[10]。その後「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(中学生・女子の部)では、2012年[11]、2013年も優勝し3連覇を果たす[12]

2014年に岡山県作陽高等学校へ進学、同年の「中国女子アマチュア選手権」で優勝[13]。2015年「全国高等学校ゴルフ選手権大会」女子団体戦では同高校のメンバーとして出場し、大里桃子がいた熊本国府高等学校を抑えて優勝した[14]

高校卒業後の2017年、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)最終プロテストに進出、3日目までで14オーバーとなった為、最終日はプレー出来ずに終える[15]。同年サードクォリファイングトーナメント(QT)B地区59位でファイナルに進めなかった[16]。同年秋頃から青木翔に師事している[17]

プロ転向後

2018年

サードQT進出者の資格でTP単年登録者(後述のプロテスト合格まで)として[18]、主にステップ・アップ・ツアーに出場[19]

主催者推薦競技会(マンデー)を経て同年唯一JLPGAツアーに出場した7月の「アース・モンダミンカップ」では[20]、初日の9番ホールでホールインワンを達成して600万円を得た[10]

7月末のJLPGA最終プロテストに2度目の進出を果たし14位で合格[21]。JLPGA90期生となる[2]

ファイナルQTで40位となり、翌シーズン前半戦のJLPGAツアー出場資格を得た[22]

2019年

プロテスト合格後にゴルフ番組に出演したのが縁となり[23]、2月からRSK山陽放送と所属契約を結ぶ[24]

5月のJLPGAツアー公式戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」において通算12アンダーで同ツアー初優勝、20歳178日での優勝は2015年チョン・インジ大韓民国)の20歳273日を更新する大会史上最年少優勝となった[25]。JLPGAツアー初優勝が公式戦となったのは史上13人目[26]、日本人に限ると2016年「日本女子オープンゴルフ選手権競技」の畑岡奈紗[注 1]に次いで8人目となる[27]。公式戦優勝により翌シーズンから3年間のシード権を得た[28]

6月の「アース・モンダミンカップ」終了時点で年間獲得賞金ランキング(賞金ランク)3位に浮上し、8月の全米女子プロゴルフ協会(LPGA)ツアー「AIG全英女子オープン」への出場権を獲得する[29][注 2]

同年からの新設大会である7月のJLPGAツアー「資生堂 アネッサ レディスオープン」において[30]、通算12アンダーで並んだイ・ミニョンとのプレーオフを制し、初代女王となり自身同ツアー2勝目をあげた[31]

海外初試合となった「AIG全英女子オープン」では、大会前の目標を「予選突破」としていた[32]。しかしながら、初日と2日目は2位、3日目は2位に2打差の14アンダーで単独首位となる[33]。最終日は、3番ホールで4パットを叩いてダブルボギー、その後11番ホール終了時点で前日終了時と同じ14アンダー、2組先でプレーしていたリゼット・サラス英語版らに2打差の3位に後退するも、15番ホールで並び、最終18番ホールで約5mのバーディーパットを決め、通算18アンダーでLPGAツアー初出場初優勝をメジャー大会で飾った[4]。日本人女子のメジャー優勝は、1977年「全米女子プロゴルフ選手権」を制した樋口久子以来42年ぶり、2人目の快挙[4][注 3]。またLPGAメジャー大会初出場初優勝は、2014年「エビアン選手権」でキム・ヒョージュ(大韓民国)が達成して以来、史上2人目となった[35]。さらに、プレー中にも笑顔を見せ、ファンと交流することから「スマイルシンデレラ」として国内外のゴルフファンやメディアから注目を集めた[36]。直後の同年8月5日付女子ゴルフ世界ランキング(世界ランク)で32ランクアップの14位となった[37]

全英女子優勝後には、先輩プロの有村智恵古閑美保等が所属するスポーツマネジメントエージェンシーの「ZONE」と契約、所属はRSK山陽放送のままマネジメントをZONEに委託することになった[38]

9月の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」初日、5バーディ、3ボギーの70(パー72)で回り、6月の「ニチレイレディス」初日からの「国内試合における連続オーバーパーなしのラウンド数」を29とし、アン・ソンジュ(大韓民国)が2013年に記録したJLPGAツアー最長記録を更新した[39][40]

翌週の「デサントレディース東海クラシック」では、最終日に64を記録し通算13アンダーで優勝[41]。最終日に8打差を逆転しての優勝は1998年の「東洋水産レディス北海道」の大場美智恵と並ぶJLPGAツアー史上2番目の記録[注 4]、また出場24試合での獲得賞金1億円突破は畑岡奈紗に次いで日本人2番目の記録となった[41]。直後の同年9月23日付世界ランクで自身最高位となる11位となった[42]

11月15日から開催された「伊藤園レディスゴルフトーナメント」で、カットラインに1打及ばず、3月の「アクサレディス in MIYAZAKI」以来国内26試合ぶりの予選落ちを喫した[43]。その翌週の「大王製紙エリエールレディスオープン」では、最終日に66を記録し通算19アンダーで優勝[44]。最終日同組で回った鈴木愛の4週連続優勝を阻むとともに[44]、最終戦に賞金女王への望みを残した[45]

単独2位以上が賞金女王への条件となったJLPGAツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」は[45]古江彩佳と共に2位タイで終える[46]

最終的に賞金ランク2位、メルセデスランキング1位となり、シーズンの自己採点を98点と評した[47]

12月11日に日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)の「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」と「特別賞」の受賞が発表された[48][注 5]

選手としての特徴

2019年の「AIG全英女子オープン」では平均260ヤードを超えるドライバー飛距離を誇り、同大会最終日には本人もこれが勝因と語ったパー4の12番で自信を持って1オンを決めるなど、強気な姿勢でラウンドに臨む[49]。また、スイングがダスティン・ジョンソンと似ており、本人もそれを認識している[50]

人物

  • ニックネームは「シブコ」、命名者はコーチの青木翔の門下で一緒に練習していた1年先輩の大出瑞月である[1]
  • 好きな駄菓子はよっちゃん食品工業の定番商品 「タラタラしてんじゃねーよ」。「AIG全英女子オープン」最終日にプレイの合間に食べていたことが話題となり、製造元に問い合わせが殺到した[51]
  • EXILEFANTASTICS from EXILE TRIBE佐藤大樹のファンであることを公言しており、佐藤が渋野の全英オープン優勝を祝福するコメントを出した際には「優勝より、うれしいかもしれない」と表現した[52]

プロ優勝 (5)

LPGAツアー (1)

Legend
Major championships (1)
Other LPGA Tour (0)
No. Date Tournament スコア 2位との差 2位(タイ)
1 4 Aug 2019 AIG全英女子オープン −18(66-69-67-68=270) 1打 アメリカ合衆国の旗 Lizette Salas

JLPGAツアー (4)

No. Date Tournament スコア 2位との差 2位(タイ)
1 2019年5月12日 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ −12 (71-68-66-71=276) 1打 大韓民国の旗 ペ・ソンウ
2 2019年7月7日 資生堂 アネッサ レディスオープン −12 (71-68-66-71=276) プレーオフ 大韓民国の旗 イ・ミニョン
3 2019年9月22日 デサントレディース東海クラシック −13 (69-70-64=203) 2打 日本の旗 上田桃子

日本の旗 濱田茉優

大韓民国の旗 李知姫

台湾の旗 テレサ・ルー
大韓民国の旗 申ジエ

4 2019年11月24日 大王製紙エリエールレディースオープン −19 (60-70-66-66=269) 1打 日本の旗 鈴木愛

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ なお、この当時の畑岡奈紗はアマチュア(高校生)であり、アマチュア選手の公式戦優勝も初であった。
  2. ^ 「アース・モンダミンカップ」終了時点のJLPGA賞金ランク5位までに出場資格がある。
  3. ^ 男子では井戸木鴻樹が全米プロシニア選手権(シニア公式戦)を2013年に制している[34]
  4. ^ JLPGAツアー最大の逆転優勝は藤野オリエが2002年「廣済堂レディスゴルフカップ」で記録した11打差。
  5. ^ ルーキー・オブ・ザ・イヤーは河本結、稲見萌寧、原英莉花とともに受賞。特別賞は古江彩佳とともに受賞。

出典

  1. ^ a b “シブコの名付け親・大出瑞月があだ名誕生秘話を明かす「世界中で呼ばれてすごい」”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2019年8月7日). https://hochi.news/articles/20190807-OHT1T50168.html 2019年8月8日閲覧。 
  2. ^ a b 渋野 日向子 プロフィール詳細”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年8月4日閲覧。
  3. ^ 澁野 日向子選手のプロフィール”. JGA. 2019年8月4日閲覧。
  4. ^ a b c 渋野日向子がメジャー初出場で初優勝 日本勢42年ぶりの制覇”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年8月5日). 2019年8月5日閲覧。
  5. ^ a b c d e 渋野日向子の“いま”を作り上げたソフトボール「ゴルフよりも好き」”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年5月10日). 2019年5月12日閲覧。
  6. ^ 渋野日向子父「因縁めいたもの」青春の地で娘が初V”. 日刊スポーツ (2019年5月12日). 2019年8月23日閲覧。
  7. ^ Field of View 全英女子OPで海外メジャー初挑戦 地域に育てられ豊かに育つ渋野日向子”. 毎日新聞 (2019年8月2日). 2019年8月23日閲覧。
  8. ^ 平成22年度岡山県ジュニアゴルフ選手権競技(小学生・女子の部/高学年)”. 岡山県ゴルフ協会 (2010年8月27日). 2019年8月4日閲覧。
  9. ^ a b 2011岡山県ジュニアゴルフ選手権競技(中学生・女子の部)”. 岡山県ゴルフ協会 (2011年8月26日). 2019年5月12日閲覧。
  10. ^ a b 2019ルーキー特集 第18回 渋野 日向子”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年2月27日). 2019年8月16日閲覧。
  11. ^ 2012岡山県ジュニアゴルフ選手権競技(中学生・女子の部)”. 岡山県ゴルフ協会 (2012年8月24日). 2019年5月12日閲覧。
  12. ^ 2013岡山県ジュニアゴルフ選手権競技(中学生・女子の部)”. 岡山県ゴルフ協会 (2013年8月28日). 2019年5月12日閲覧。
  13. ^ 2014中国女子アマチュアゴルフ選手権”. 岡山県ゴルフ協会 (2014年5月22日). 2019年5月12日閲覧。
  14. ^ 2015全国高等学校ゴルフ選手権大会団体の部”. 日本高等学校ゴルフ連盟 (2015年8月5日). 2019年5月12日閲覧。
  15. ^ 【2017】LPGA 最終プロテスト フルリーダーボード”. 日本女子プロゴルフ協会 (2018年7月27日). 2019年5月12日閲覧。
  16. ^ 【2017】サードクォリファイングトーナメント B地区 フルリーダーボード”. 日本女子プロゴルフ協会 (2017年11月23日). 2019年5月12日閲覧。
  17. ^ 全英Vに導いた「反面教師」 渋野支える青木コーチ 福大ゴルフ部出身”. 西日本新聞 (2019年8月14日). 2019年8月14日閲覧。
  18. ^ 仲良しコンビ・渋野日向子&木下彩、同期の優勝に刺激を受け“LPGA会員”デビュー”. ALBA.Net (2018年8月22日). 2019年8月16日閲覧。
  19. ^ 渋野 日向子 年度別大会成績2018”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年8月4日閲覧。
  20. ^ レギュラー初出場で600万獲得の強運”. ALBA.Net (2018年7月4日). 2019年8月4日閲覧。
  21. ^ 【2018】LPGA 最終プロテスト フルリーダーボード”. 日本女子プロゴルフ協会 (2018年7月27日). 2019年5月12日閲覧。
  22. ^ 【2018】ファイナルクォリファイングトーナメント フルリーダーボード”. 日本女子プロゴルフ協会 (2018年11月30日). 2019年5月12日閲覧。
  23. ^ 岡山が生んだ「しぶこ」 渋野日向子は“桃太郎の街”から世界へ”. ゴルフダイジェストオンライン (2019年8月5日). 2019年8月7日閲覧。
  24. ^ “渋野と2月に契約のRSK山陽放送、優勝お祝いイベントなど検討”. サンケイスポーツ. (2019年8月6日). https://www.sanspo.com/golf/news/20190806/lpg19080605010015-n1.html 2019年8月6日閲覧。 
  25. ^ 20歳・渋野日向子がメジャーでツアー初優勝 涙の大会史上最年少V”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年5月12日). 2019年5月12日閲覧。
  26. ^ 微笑みの天使 渋野日向子−公式戦を制す”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年5月12日). 2019年5月15日閲覧。
  27. ^ 黄金世代・渋野日向子 笑顔諭した母に贈る涙の初V”. 日刊スポーツ (2019年5月12日). 2019年5月15日閲覧。
  28. ^ 2019年度 LPGAツアー出場有資格者”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年8月6日閲覧。
  29. ^ “渋野日向子が逆転でイングランドへ 全英女子OP出場権獲得者が決定”. ALBA.net. (2019年6月30日). https://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=128045 2019年8月5日閲覧。 
  30. ^ 【2019】資生堂 アネッサ レディスオープン 過去大会・歴代優勝者”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年7月7日閲覧。
  31. ^ 大逆転 渋野日向子が初代女王”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年7月7日). 2019年7月7日閲覧。
  32. ^ 海外メジャー初挑戦の渋野日向子「全英女子は夢の舞台」”. ゴルフネットワーク (2019年8月1日). 2019年8月5日閲覧。
  33. ^ 渋野単独首位に「食べたもの全部出そう」”. 日刊スポーツ (2019年8月4日). 2019年8月4日閲覧。
  34. ^ https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/p-sp-tp1-20130528-1134095.html 「六本木の男」井戸木V 日刊スポーツ(2013年5月28日)
  35. ^ In the Winner's Circle with Hinako Shibuno” (英語). LPGA (2019年8月4日). 2019年8月5日閲覧。
  36. ^ 「ゴルフに笑顔を取り戻した」目の肥えた英国ファンの叫び 渋野日向子を絶賛”. ALBA.Net (2019年8月5日). 2019年8月5日閲覧。
  37. ^ Rankings2019-08-05” (英語). Women's World Golf Rankings (2019年8月5日). 2019年8月5日閲覧。
  38. ^ “渋野日向子が新事務所と契約 古閑、有村、笠ら在籍”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2019年8月14日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/201908140000656.html 2019年8月14日閲覧。 
  39. ^ 巻き返し型“渋野劇場”でツアー新記録樹立”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年9月12日). 2019年9月12日閲覧。
  40. ^ 渋野日向子 ツアー最長に並ぶ 連続オーバーパーなしラウンド「28」”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年9月1日). 2019年9月12日閲覧。
  41. ^ a b 渋野日向子が8打差大逆転優勝”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年9月22日). 2019年9月22日閲覧。
  42. ^ Rankings2019-09-23” (英語). Women's World Golf Rankings (2019年9月23日). 2019年9月23日閲覧。
  43. ^ “「賞金女王って言っちゃいけない」 渋野日向子は予選落ちに涙”. GDOニュース (ゴルフダイジェスト・オンライン). (2019年11月16日). https://news.golfdigest.co.jp/news/jlpga/article/111453/1/?format=amphtml 2019年12月9日閲覧。 
  44. ^ a b 白熱の大接戦 渋野日向子、逆転V”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年11月24日). 2019年12月3日閲覧。
  45. ^ a b どうなる? 19年賞金女王、メルセデス・ランキング”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年11月24日). 2019年12月3日閲覧。
  46. ^ 【2019】LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ フルリーダーボード”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年12月1日). 2019年12月3日閲覧。
  47. ^ 渋野日向子 謎のシーズンは98点”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年12月1日). 2019年12月3日閲覧。
  48. ^ 渋野日向子が新人賞と特別賞 初のダブル受賞”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年12月11日). 2019年12月11日閲覧。
  49. ^ 最終日の平均飛距離260ヤード超! 世界1位より飛ばしてた、渋野日向子のスウィングをプロが分析”. みんなのゴルフダイジェスト (2019年8月5日). 2019年8月6日閲覧。
  50. ^ 渋野日向子、海外メジャーVの裏に… ダスティン・ジョンソンとそっくりのスイング”. デイリースポーツ (2019年8月6日). 2019年8月6日閲覧。
  51. ^ “渋野選手が食べたお菓子に注目 製造元へ問い合わせ殺到”. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社. (2019年8月5日). https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201908/0012580343.shtml 2019年8月6日閲覧。 
  52. ^ “【渋野日向子会見一問一答1】 EXILE佐藤大樹からのメッセージに「優勝より、うれしいかもしれない」”. スポニチ (スポーツニッポン新聞社). (2019年8月6日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/08/06/kiji/20190806s00043000359000c.html 2019年12月9日閲覧。 

関連項目

外部リンク