潜水指定船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

潜水指定船(せんすいしていせん)は、海上保安庁に属する巡視船のうち、潜水作業を行わせるために海上保安庁警備救難部長が指定し、潜水器材等を配備した船艇である。

海上保安大学校で行われる研修科潜水課程を修了した潜水士が乗り組んでおり、海難等の場合には潜水作業により救難活動等に従事するが、通常時は他の巡視船と同様に海上保安業務に従事している。

2018年3月31日時点で、22隻が潜水指定船に指定され、121名の潜水士が配置されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 「3 生命を救う CHAPTER II. 救助・救急への取組み」『海上保安レポート2018』海上保安庁、日経印刷株式会社、2018年6月4日。2019年5月28日閲覧。

関連項目[編集]