漢氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

漢氏(あやうじ)は、「漢」をの名とする氏族。『日本書紀』によれば、後漢霊帝の子孫と称する阿知使主を開祖とする。

漢氏について[編集]

漢人と漢人とに分かれている[1]

半布里戸籍では各一人を記入しているだけであるが、全国的にみると、秦氏と並ぶ朝鮮からの二大渡来系氏族である[2]

美濃には、技術部民が多く、鞍部は鞍・鐙などの各種の馬具を制作していた漢部であり、錦部は高級な絹織物製造担当の漢部であった[3]

また鍛工・甲作・矢作などの技術もあった。漢氏は中央政界でも活躍し、坂上田村麻呂はこの氏族から出ている[4]

逸話[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「3 渡来人集団 漢氏」[どこ?]
  2. ^ 『日本書紀』「欽明天皇元年八月の条」
  3. ^ 「美濃技術部民」[どこ?]
  4. ^ 「五 氏姓制度」[どこ?]
  5. ^ 「渡来系氏族 日本人とユダヤ人」[どこ?]
  6. ^ 「半布里戸籍に記述」[どこ?]

参考文献[編集]

  • 富加町史

関連項目[編集]

外部リンク[編集]