演技力じゃがりこ面接

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

演技力じゃがりこ面接(えんぎりょくじゃがりこめんせつ)は、演技力を試す遊びである。

演技力じゃがりこ面接
競技場: 任意
用具: 特になし
参加者の数: 二人
競技時間: 任意

概要[編集]

2017年に流行した遊び[1]。ルールは、お題に出されたシチュエーションに合わせて「じゃがりこ」と言うもの。例えば、「嬉しくて」がお題の場合、嬉しいという感情を「じゃがりこ」という言葉に込めて表現する[2]

ちなみに、なぜ「じゃがりこ」なのかは、この遊びを考案した林檎さんがじゃがりこが好きだからである[2]

派生版[編集]

  • キズナアイ面接 - 2018年に流行[1]。「じゃがりこ」の代わりに「キズナアイ」という言葉を使用する。
    語彙キズナアイ面接 - 難解な言葉を使用するキズナアイ面接[1]
    クイズ力 ナイスガイ面接 - 語彙キズナアイ面接からさらに派生したもの。出されたお題に合わせて「ナイスガイ」と言うが、クイズが出された場合はそのクイズに答えるというもの[1]
  • 演技力すとぷり面接 - 男性歌い手ユニット、すとろべりーぷりんすのオリジナル。「じゃがりこ」の代わりに「すとぷり」という言葉を使用する。
  • 演技力カトリーナ面接 - 「じゃがりこ」の代わりに「カトリーナ」という言葉を使用する。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 元東大王・伊沢拓司、「QuizKnock」で過去最難関クイズに挑戦 問題文「みちのせ」の答えは? (Real Sound)”. LINE NEWS. 2020年4月20日閲覧。
  2. ^ a b Oto (2017年10月2日). “今ネットで流行中の遊び『演技力じゃがりこ面接』って?” (日本語). dora. 2020年4月20日閲覧。

関連ページ[編集]