漆生駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
漆生駅
駅跡の公園(2007年11月)
駅跡の公園(2007年11月)
うるしお
Urushio
鴨生 (2.4km)
(1.5km) 才田
所在地 福岡県嘉穂郡稲築町漆生
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 漆生線
キロ程 3.6km(下鴨生起点)
電報略号 ウオ←ウヲ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1913年大正2年)8月20日
廃止年月日 1986年昭和61年)4月1日
テンプレートを表示

漆生駅(うるしおえき)は、かつて福岡県嘉穂郡稲築町(現在の嘉麻市)漆生にあった日本国有鉄道(国鉄)漆生線である。

長らく漆生線の終着駅だったが、油須原線構想により1966年(昭和41年)に下山田駅(施設上は嘉穂信号場)まで延長され、途中駅となった。しかしながらほとんどの列車が当駅止まりで、下山田方面への列車は開通から3年後でも4往復[1]、末期には3往復[2]ととても少なかった。

漆生線廃止に伴い1986年(昭和61年)4月1日に廃駅となった[3]

歴史[編集]

廃止時の駅構造[編集]

  • 島式ホーム1面2線と複数の側線を持っていたが、末期には石炭輸送も行われていなかったため放置されていた。
  • 旅客用ホームのうち、駅舎側の1線は下鴨生方面にはつながっていなかった。
  • 委託駅で、木造の駅舎があった。
  • 駅舎からホームへは通路と構内踏切で連絡していた。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
漆生線
鴨生駅 - 漆生駅 - 才田駅
漆生線貨物支線(1968年廃止)
漆生駅 - (貨)稲築駅

出典[編集]

  1. ^ 『国鉄監修 交通公社の時刻表』 1969年9月
  2. ^ 『国鉄監修 交通公社の時刻表』 1983年6月
  3. ^ a b c d e f 『旧国鉄・JR鉄道線廃止停車場一覧』1996年8月、 86-87頁。

関連項目[編集]