漆の実のみのる国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

漆の実のみのる国』(うるしのみのみのるくに)は、藤沢周平の絶筆となった小説。1997年に文藝春秋から刊行された。

江戸時代中期の米沢藩主・上杉鷹山の生涯を描いている。

あらすじ[編集]

江戸時代中期、上杉重定の治世。米沢藩は貧窮し、政治は重定の寵臣森平右衛門の独裁状態にあった。江戸家老竹俣当綱は森を暗殺するが、重定は悪政を続ける。その後、治憲(後の鷹山)が藩主となり、竹俣らを重用した大改革を始め、七家騒動天明の飢饉などを経ながら藩財政を再建していく。

主な登場人物[編集]

上杉家[編集]

治憲の近臣[編集]

反改革派[編集]

  • 藁科立沢:医師、七家騒動の教唆によって打ち首

七重臣[編集]

改革の反対派。七家騒動を引き起こす。

その他[編集]

治憲の師[編集]