漂鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一部地域で漂鳥であるウグイス

漂鳥(ひょうちょう)は、暑さ、寒さを避けるため、夏は山地、冬は平地、と言うように繁殖地と越冬地を区別して日本国内を季節移動する[1]

概説[編集]

漂鳥は繁殖地と越冬地を季節によって移動している鳥(種)である[2]ウグイス[注釈 1][3]ヒヨドリ[注釈 2][4]ホオジロ[注釈 3][5]などが代表的である。

渡り鳥との違いは、渡り鳥がシベリアから日本、というように日本国外から日本へ比較的長距離を移動するのに対して、漂鳥の場合は山地から平地に移動するなど、日本国内を比較的近距離を移動するのみである[1]。このため、同じ種類でも生息地によって留鳥となる場合がある(例えばウグイス)。

漂鳥には多数の鳥(種)がいると考えられているが、実態が明らかでないこともあり、図鑑等ではこの用語を避けているものもある[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ウグイスは留鳥でもあり、一部地域では漂鳥。
  2. ^ ヒヨドリは留鳥または漂鳥。
  3. ^ ホオジロは留鳥または漂鳥。

出典[編集]

  1. ^ a b 叶内 (2006)、6頁
  2. ^ a b 安部直哉『野鳥の名前 名前の由来と語源』山と渓谷社、2019年、4頁。
  3. ^ 叶内 (2006)、491頁
  4. ^ 叶内 (2006)、448頁
  5. ^ 叶内 (2006)、536頁

参考文献[編集]

  • 叶内拓哉、安部直哉『山溪ハンディ図鑑7 日本の野鳥』山と溪谷社、2006年10月1日、第2版。ISBN 4635070077

関連項目[編集]