瀧英男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
滝英男から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
瀧 英男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県静岡市緑町
生年月日 (1936-08-17) 1936年8月17日(82歳)
身長
体重
168 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1955年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

瀧 英男(たき ひでお、1936年8月17日 - )は、静岡県静岡市出身の元プロ野球選手捕手)。

実弟に巨人内野手で、V9時代に大活躍した瀧安治がいる。

来歴・人物[編集]

静岡県静岡市出身。静岡商時代は、1954年夏の甲子園に出場し、投手松浦三千男(後に大阪タイガースでもチームメイトになる)とバッテリーを組んで[1]、チームの準優勝に貢献した。松浦の他に、チームメイトには4番を打っていた興津達雄(のち広島)がいる。

1955年に大阪タイガースに入団。二軍ウエスタン・リーグでは、4月3日の開幕戦でスタメンマスクを被るなど活躍したが、一軍公式戦では3年間の在籍中、僅か1試合[2]1打席の出場に留まった(しかもその打席は、併殺打に倒れた)。1957年限りで引退した。168cmと小柄な身体だったが、フィールディングに定評があったと伝わる。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1955 大阪 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000 .000 .000
通算:1年 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000 .000 .000

背番号[編集]

  • 48 (1955年 - 1957年)

脚注[編集]

  1. ^ 猛虎人国記(24)~静岡県(上)~背番「1」のサードが放った劇的弾スポニチアネックス2012年3月27日記事。
  2. ^ 尚、静岡商時代のチームメイトだった松浦も、プロでは1試合出場に留まった。

関連項目[編集]