滝精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

滝 精一(たき せいいち、1873年12月23日 - 1945年5月17日)は、日本の美術史家、東京帝国大学教授。

来歴[編集]

東京生まれ。滝和亭の長男。号は拙庵。東京帝大哲学科卒、1914年母校教授として美術史を講じる。1925年帝国学士院会員。1927年文学部長。東方文化学院理事長、会長を務め、『国華』の編集に携わる。1940年朝日文化賞受賞。

著書[編集]

  • 芸術雑話 金尾文淵堂 1907
  • 文人画概論 改造社 1922
  • 日本古美術案内 編 丙午出版社 1931
  • 日本画の本質 日本文化協会 1936
  • 滝拙庵美術論集 日本篇 座右宝刊行会 1943
  • 日本の美術 わんや書店 1950