滝沢直己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たきざわ なおき
滝沢 直己
生誕 (1960-07-19) 1960年7月19日(57歳)
日本の旗 日本東京都
職業 ファッションデザイナー
雇用者 イッセイミヤケ(1993年 - 2006年)
東京大学(2009年 - 2013年)
早稲田大学(2011年 - 2013年)
ユニクロ(2011年 - )
団体 NAOKI TAKIZAWA DESIGN
┗代表取締役社長
受賞 毎日ファッション大賞(1998年)
桑沢賞(1999年)
ベッシー賞(1999年)
仏芸術文化シュバリエ勲章(2007年)

滝沢 直己(たきざわ なおき[1]1960年7月19日[2] - )は、日本ファッションデザイナー[3]東京都生まれ[4]

ファッションブランド「イッセイミヤケ」のクリエイティブディレクター(1993年 - 2006年)を経て、2006年に自身のファッションブランド「ナオキタキザワ」を設立、2011年からは「ユニクロ」のデザインディレクターに就任。

東京大学総合研究博物館インターメディアテク寄附研究部門特任教授(2009年 - 2013年)、早稲田大学文化構想学部非常勤講師(2011年 - 2013年)。

来歴[編集]

1993年からイッセイミヤケのメンズライン、1999年からレディースとメンズ両ラインのクリエイティブディレクターに就任。国内外の多岐にわたる様々な分野のクリエイター、アーティストとのコラボレーションによる服づくりや、フランクフルトバレエ団のコスチュームのデザイン、パリの国立ケ・ブランリー美術館のカーテンのデザイン等を手掛けた。

2007年春夏コレクション(2006年)の発表を最後にイッセイミヤケのクリエイティブディレクターを退任[5]。同年に株式会社「NAOKI TAKIZAWA DESIGN」(ナオキタキザワデザイン)を設立し、翌2007年のニューヨークファッションウィークにてファッションブランド「ナオキタキザワ」をデビューさせた[6]。同年「NAOKI TAKIZAWA DESIGN」の事業パートナーとしてリヴァンプと提携、同社の玉塚元一を非常勤の取締役に迎えた[7]

2011年からユニクロのデザインディレクターに就任[8]。ユニクロ史上初のデザインディレクターとなった[9]。2013年にはヤンマーがブランドイメージ向上を目指して発足させた「プレミアムブランドプロジェクト」に農業ウェアのデザイン担当として参加[10]。農業ウエアやマリンウエアの開発に携わり、特に革新的な農業ウエアのデザインは話題を呼んだ。

2014年からは、同年3月に発売開始となったユニクロ∽イネス・ド・ラ・フレサンジュの特別コラボレーションラインのデザインを担当[11]。さらに初の自著『一億人の服のデザイン』(日本経済新聞社)を上梓している[12]

書籍[編集]

  • 森山大道×滝沢直己 NOVEMBRE 月曜社(2004年)
  • 1億人の服のデザイン 日本経済新聞社(2014年)

受賞歴[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

  • [1]NAOKI TAKIZAWA DESIGN Official Website
  • [2]UNIQLO Official Website
  • [3]東京大学総合研究博物館 Official Website