滝崎安之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

滝崎 安之助(たきざき やすのすけ、1914年7月20日 - 1980年9月5日)は、日本のドイツ文学者、評論家、東京大学名誉教授。

愛知県出身。1939年東京帝国大学独文科卒業。左翼文学運動に加わり、戦後新日本文学会に入りその後『人民文学』にも参加、学習院大学助教授、東京大学教養学部助教授、1965年教授(ドイツ語)、1975年定年退官、名誉教授。

著書[編集]

  • 『現実からの文学』八雲書店 1948
  • 『情感の次元と創造主体 芸術の理論』創文社 1975
  • 『ごまめの社会学』創文社 1981
  • 『芸術における美と現実』勁草書房 1981
  • 『ボン・ヴォワイアージュ! 文化と人間』勁草書房 1982
  • 『憂国警世とリアリズム』未来社 1983
  • 芭蕉と詩精神』創樹社 1984
  • 『連弾・ある青春のエチュード』滝崎鎮代子共著 影書房 1987 (双書・人間の航跡)
  • 『芸術と私 東京芸術大学講義録』影書房 1994

翻訳[編集]