滝口琳々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
滝口琳々
生誕 原作(姉):????10月23日[1]
作画(妹):????5月28日[1]
日本の旗 神奈川県横浜市[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1996年[2] -
ジャンル 少女漫画
歴史漫画中国史中心)
代表作北宋風雲伝
受賞 mimi&kiss新人漫画賞(1996年[2]
公式サイト 華流
テンプレートを表示

滝口 琳々(たきぐち りんりん、原作(姉):10月23日[1] - 、作画(妹):5月28日[1] - )は、日本漫画家神奈川県横浜市出身、在住[1]中国史を舞台にした歴史漫画作品を多く発表している。

2人の姉妹の共有ペンネームで、姉が原作を担当し、妹が作画を担当するという役割分担になっている[1]。巻末のおまけ漫画を読む限り、姉の方は中国語ができるようであるが、妹の方は中国語ができないようである(ただし、何とかコミュニケーションを図ろうとしている)。そのためか、おまけ漫画では妹の方が質問役、姉の方がそれに回答する形式になっていることが多い。

経歴[編集]

1996年、『mimi』(講談社)3月号掲載の「双華虚夢」でmimi&kiss新人漫画賞を受賞し、デビュー(ただし、当時のペンネームは異なる)[2]

ミステリーDX増刊歴史ロマンDX』(角川書店1997年秋の号に「虞美人草」の読切を掲載。

1998年発行の『プリンセスGOLD』ベストセレクション(秋田書店)に「江東の暁」の読切を掲載。同作品は『プリンセスGOLD』1999年1月号より2000年1月号まで掲載され、連載デビューを果たす。単行本は全2巻が刊行され、初の単行本となった。以降、『プリンセスGOLD』を主な活動の場とするようになる。

作品リスト[編集]

連載作品[編集]

読切作品[編集]

雑誌掲載
  • 双華虚夢(mimi 1996年3月号)
デビュー作。前漢代を舞台に、趙飛燕趙合徳姉妹の愛憎劇を描く。当時のペンネームは現在のものとは異なっている。単行本未収録。
代を舞台に、項羽虞美人の恋愛を描く。単行本未収録。
  • 江東の暁(プリンセスGOLD 1998年ベストセレクション)
『江東の暁』1巻に「麒麟児」のサブタイトルで収録。
アンソロジーコミックス掲載
  • 連瑣(幻想ファンタジーvol.9 青竜抄、ホーム社、2007年4月25日)
  • 瑞雲(幻想ファンタジーvol.10 白虎抄、ホーム社、2007年10月25日)
  • 画壁(幻想ファンタジーvol.12 玄武抄、ホーム社、2008年10月24日)
  • 画皮(幻想ラビリンスvol.1 水晶宮、ホーム社、2009年4月24日)
  • 五通(幻想ラビリンスvol.2 翡翠宮、ホーム社、2009年10月23日)

※アンソロジーコミックス掲載分の5作は全て短編集『明朝幻想夜話〜「聊斎志異」選集〜』(ホーム社刊)に収録。

短編集[編集]

  • 明朝幻想夜話〜「聊斎志異」選集〜(ホーム社)
    1. 2010年4月28日発売 ISBN 978-4834261936

出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

  • 華流 - 滝口琳々の公式ホームページ