滝の水公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
滝の水公園
Takinomizu Park
Takinomizu Park01.jpg
駐車場側からの階段
滝の水公園の位置(愛知県内)
滝の水公園
滝の水公園の位置(名古屋市内)
滝の水公園
分類 地区公園
所在地
愛知県名古屋市緑区篠の風3丁目
座標 北緯35度05分32.14秒 東経136度58分37.74秒 / 北緯35.0922611度 東経136.9771500度 / 35.0922611; 136.9771500座標: 北緯35度05分32.14秒 東経136度58分37.74秒 / 北緯35.0922611度 東経136.9771500度 / 35.0922611; 136.9771500
面積 4.11ha
開園 1989年
設備・遊具 水飲み場・トイレ・ブランコなど
駐車場 約20台
備考 駐車場は10時~17時まで、夜間は施錠。
テンプレートを表示
滝の水公園から西南西方向を望む夕景(2011年(平成23年)1月)。左奥手に見えるのは名港トリトン

滝の水公園(たきのみずこうえん)は、愛知県名古屋市緑区篠の風にある地区公園

概要[編集]

1989年平成元年)開園。新興住宅地の中にある高台が公園となっており、360度の眺望が開けていて、夜景スポットとしても知られている[1][2]

この場所には1931年昭和6年)から1950年(昭和25年)まで、名古屋薬学専門学校が置かれていたが、名古屋市立大学薬学部として統合された後は空き地となっていた。

かつては平らな土地であったが、1959年(昭和34年)9月の伊勢湾台風で出た倒壊家屋の廃材などゴミの集積所となり、その後ゴミの山の上に土が被せられて現在のような地形となった[3][2]。1989年に公園として整備されたが、ゴミから発生するガスを抜くための配管を未だ公園内に見ることが出来る[2]

なお「滝の水公園」と名付けられているが、公園の所在地は「篠の風」である。

周辺[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ こよなく夜景を愛する人へ:愛知県名古屋市緑区の夜景 滝の水公園
  2. ^ a b c 『交通局ニュース』Vol.188、名古屋市交通局総務部広報広聴課、2011年7月、2011年7月14日閲覧。
  3. ^ 名古屋を歩こう:ほら貝・篠の風|緑区

外部リンク[編集]