滋賀里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 滋賀県 > 大津市 > 滋賀里
滋賀里
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 滋賀県
市町村 大津市
人口 (2012年(平成24年)9月1日現在)
 - 計 3,266人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 520-0006 
市外局番 077
ナンバープレート 滋賀

滋賀里(しがさと)は、滋賀県大津市町名[1]。。現行行政地名は滋賀里一丁目から滋賀里四丁目。2012年9月1日現在の人口は3,266人[2]郵便番号は520-0006。

地理[編集]

大津市中央部の北郊に位置する[1]。北で坂本本町、北東で穴太弥生町唐崎、東で蓮池町見世、南で高砂町、西から北にかけて滋賀里町(甲・乙)と隣接する。京阪電鉄石山坂本線の西側で南から順に一丁目から三丁目、石山坂本線の東側に四丁目が設置されている。蓮池町・見世を走る湖西線西側にあたる住宅市街地であり、東から順に京阪電鉄石山坂本線・滋賀県道47号伊香立浜大津線国道161号線西大津バイパスが南北に縦貫し、町域北端には滋賀里ランプが設置されている。

歴史[編集]

近隣では地内の赤塚古墳群をはじめとして縄文時代から弥生時代にかけての遺跡が多く発見され、付近が早くから開けていたことを示している[1]江戸時代は多くの部分が滋賀郡赤塚村にあたり、1879年(明治12年)に赤塚村と見世村とが合併して成立した滋賀里村の一部となる[1]。この滋賀里村は1889年町村制施行時に滋賀郡滋賀村大字滋賀里の一部となった[1]。この大字滋賀里は1933年昭和7年)に大津市に滋賀村が併合された際に滋賀里町に改名された[1]1968年(昭和43年)に見世とともに滋賀里が滋賀里町から分離、一丁目から四丁目が設置された[1]

沿革[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

施設[編集]

  • 大津市埋蔵文化財調査センター
  • 大津市滋賀里コミュニティセンター
  • 滋賀里三丁目自治会館
  • 滋賀里蟻の内町自治会館
  • 滋賀里簡易郵便局
  • 滋賀里病院
  • 自衛隊赤塚宿舎
  • 自衛隊滋賀里宿舎
  • 称念寺 - 浄土宗西山禅林寺派の仏教寺院[1]
  • 大通寺 - 浄土宗西山禅林寺派の仏教寺院[1]山号は仏陀山。
  • 唯僧寺 - 真宗大谷派の仏教寺院。
  • 倭神社 - 倭姫命祭神とする[1]
  • 志賀八幡宮 - 947年天暦元年)の創建で応神天皇を祭神とする[1]
    • 若宮八幡宮
  • 赤塚地蔵堂
  • 千躰地蔵堂
  • 黒主神社
  • 福王子神社

史跡[編集]

  • 赤塚古墳群

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『角川日本地名大辞典 第25巻 滋賀県』、角川書店、1979年4月、P357,PP760-761。
  2. ^ 町丁別人口統計表(平成24年9月1日現在)-大津市