溶融亜鉛めっき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
溶融亜鉛めっき鋼材表面の斑模様

溶融亜鉛めっき(ようゆうあえんめっき:"hot dip galvanizing")とは、鋼材の防処理の一種である。現場では正式名称はあまり使われず、めっき槽に浸ける様子から、俗にドブづけテンプラなどと呼ばれるのが一般的である。

概要[編集]

鋼材の表面に亜鉛合金層を形成することで、亜鉛の犠牲的防食作用により、鋼材の腐食を抑制する。 屋外に設置される鋼構造物の防食処理として広く採用されており、身近なものとしては送電鉄塔などが挙げられる。

環境条件が良好であれば数十年に渡る防食効果が期待できる一方、重工業地帯海浜地区などでは、寿命は著しく短くなるといわれている。


[編集]

めっきされた当初は亜鉛光沢色が見られるが、に晒されると、酸化被膜ができて白くなる。

規格[編集]

溶融亜鉛めっきの作業工程は、JIS H8641によって以下のように定められている。

  1. 鋼材表面の脱脂(10%アルカリ溶液槽)
  2. 酸洗(7 - 10 %硫酸溶液槽)
  3. フラックス(飽和塩化亜鉛アンモニウム溶液槽)
  4. めっき(440 - 460 ℃液体亜鉛槽)
  5. 冷却(温水槽もしくは空冷

めっきされた鋼材表面には、亜鉛の結晶化による斑模様(spangle)が現れるのが特徴である[1]

脚注[編集]

  1. ^ 溶融亜鉛めっき鋼板のスパングル(亜鉛結晶の花柄模様)の種類は? - JFE鋼板(2015年版 / 2015年12月5日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]