源義門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
源義門
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
氏族 河内源氏
父母 父:源義朝、母:由良御前?
兄弟 義平朝長頼朝義門希義範頼阿野全成義円義経坊門姫、女子
テンプレートを表示

源 義門(みなもと の よしかど)は、平安時代後期の武士河内源氏の棟梁・源義朝の四男。

略歴[編集]

義門については早世したと伝わるのみで生没年や事績は明らかでない。頼朝のすぐ下の弟で、『系図纂要』によれば母は頼朝と同じ藤原季範の娘、由良御前とされているが、同時代的にそれを裏付ける資料は確認されていない。

ただし宮内丞の官職に任じられていることから、平治の乱で一時的に義朝軍が内裏を占拠した際には存命しており、その際に任官したのではないか、そして直後の源氏軍敗北の中において戦死したのではないか、などと推測されている(奥富敬之著「清和源氏の全家系」)。