源氏山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

源氏山(げんじやま)

四股名[編集]

由来は諸説ある。

  • 源氏山綱五郎 - 江戸時代前期の強豪力士。大正時代まで吉田司家公認の横綱代々に2代目として挙げられていた。
  • 源氏山住右エ門 - 宝暦年間まで12年間に渡り無敗を誇った。江戸・京都・大坂・長崎で大関を務めるなど20年近く三役で活躍し名人と謳われた。
  • 源氏山源右エ門 - 後援者に取り入る意味の角界の隠語「ゲンブ」の元となった源武山源右エ門が東西合併前の大坂相撲時代に名乗り、東京相撲でも1927年に1場所だけ名乗った四股名。

近年は井筒部屋につたわる四股名である。

井筒部屋以外では、源氏山頼五郎高砂部屋)がいる。

日本の山[編集]