源有房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


 
源有房
時代 平安時代後期
生誕 天承元年(1131年)頃
死没 不詳
官位 正四位下左近衛中将
主君 後白河天皇二条天皇六条天皇高倉天皇安徳天皇
氏族 村上源氏
父母 父:源師行、母:藤原清兼の娘
平忠盛の娘、信西の娘
有通
テンプレートを表示

源 有房(みなもと の ありふさ)は、平安時代後期の貴族村上源氏大蔵卿源師行の子。官位正四位下左近衛中将

経歴[編集]

近衛天皇及び二条天皇から4代の天皇の時代に殿上人を務め、後白河天皇の時代には昇殿に与る事はなかったものの、保元2年(1157年)に但馬守に任ぜられ、翌3年には久安2年(1149年)に実父・師行が既に長門守重任と正四位上叙位の形で褒賞を受けている高松殿造営の功が改めて論じられて有房に従五位上に叙された。ところが、平治の乱において叔父・師仲と共に藤原信頼に味方したために解官された。しかし、乱の翌年には侍従として復帰し、平家との縁戚関係や後白河上皇との関係によって比較的安定した昇進を遂げた。

仁安元年(1166年)に左少将に任ぜられ、安元元年(1175年)に周防守を兼任し、治承2年(1178年)に周防守を辞したものの、正四位下に叙せられた。養和元年(1181年)に左少将から左中将に転じている。それから程なく出家したとみられている。和歌に優れ、『新勅撰和歌集』に2首採録されている他、『有房中将集』という私歌集を残している。

なお、同時代に式子内親王の斎院別当を務めた同姓同名の人物源顕仲の子)がいるが、こちらは極位は正五位下に留まり、四位に昇った本項の有房との比較は容易である。

出典[編集]