源憲定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
源憲定
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 寛仁元年6月2日1017年6月29日
改名 憲定王→源憲定
官位 従三位右兵衛督
主君 一条天皇三条天皇
氏族 朝臣村上源氏
父母 父:為平親王、母:源高明
兄弟 憲定頼定、為定、顕定、婉子女王、
具平親王妃、恭子女王、教定、敦定
藤原有国
対の君、源則理
養子:公綱
テンプレートを表示

源 憲定(みなもと の のりさだ)は、平安時代中期の公卿村上天皇の第四皇子、一品為平親王の長男。官位従三位右兵衛督

経歴[編集]

長徳2年(996年)8月5日右兵衛督に任じられ、同年(月日不詳)従三位に叙されるが、祖父・源高明の失脚などにより長く昇進することなく寛仁元年(1017年)6月に薨去した[1]。あまり目立たない人物だったという。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公卿補任