源師俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
源師俊
時代 平安時代後期
生誕 承暦4年(1080年
死没 永治元年12月7日1142年1月5日
別名 塔の本の入道中納言
官位 従三位権中納言
主君 堀河天皇鳥羽天皇崇徳天皇
氏族 村上源氏
父母 父:源俊房、母:平重経
養父:源師忠
兄弟 勝覚、証観、方子師頼師時師俊、忠時、実運、俊円、師重、宗光、実縁、仁寛、俊顕、俊智、寛雲、寛真、寛壱、藤原宗俊室、任子、源師能室
養兄弟:師隆師親寛遍
輔仁親王師長染殿源師時
源俊頼娘、源実俊娘、女房あめつち
師国師盛、寛勝、藤原頼長室、
源雅国
テンプレートを表示

源 師俊(みなもと の もろとし)は、平安時代後期の公卿歌人村上源氏左大臣源俊房の子。大納言源師忠の養子。官位従三位権中納言

経歴[編集]

寛治4年(1090年)叙爵(従五位下)。兵部権大輔民部権大輔や、丹波守尾張守と地方官を歴任し、永久4年(1116年)右少弁に任官。こののち弁官にて昇進し、天承元年12月(1132年1月)蔵人頭・右大弁となる。長承2年(1133年参議として公卿に列し、長承3年(1134年)従三位、長承4年(1135年)権中納言に至る。

保延2年(1136年5月13日病のため出家し、塔の本の入道中納言と称された。永治元年12月7日(1142年1月5日)薨去、享年62。

人物[編集]

元永元年(1118年)10月2日の「内大臣忠通歌合」などに参加するなど歌人として活発に活動していたらしく、『金葉和歌集』(5首)以下の勅撰和歌集に10首入集している[1]。漢詩にも優れていたとされるが[2]、現在伝わっているのは『和漢兼作集』の2篇のみである。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『勅撰作者部類』
  2. ^ 「詩などよくつくり給ひ」(『今鏡』村上の源氏,堀河の流れ)。「此年、基俊、師俊両入道入滅了、天之亡文哀哉、言詩之席已懶」(『台記』康治元年2月5日条)。との記載があり、当時『新撰朗詠集』を撰集した藤原基俊と並んで漢詩文の分野で評価を受けていたことが窺われる。
  3. ^ 『今鏡』による。出自不明。