源光経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

源 光経(みなもと の みつつね、生年不明 - 寿永2年11月19日1184年1月3日))は、平安時代末期の武将源光長の次男。兄弟に国長土岐光衡があり、子に光房八条院蔵人)、光助出羽守)がある。

美濃源氏土岐氏の棟梁であった父と共に在京し、検非違使左衛門尉を務めたとされる(『尊卑分脈』)が、寿永2年(1184年)の法住寺合戦で父が後白河院方に加わったため光経もこれに従い、死闘の末に父と共に討ち取られ梟首された。

後代、次男・光助が越中国長沢に居住したことからその子孫が長沢氏として存続し、戦国時代には長沢光国などを輩出している。