源五郎丸洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
源五郎丸 洋
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県杵島郡江北町
生年月日 (1964-01-15) 1964年1月15日(54歳)
身長
体重
179 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1981年 ドラフト1位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

源五郎丸 洋(げんごろうまる ひろし、1964年1月15日 - )は、佐賀県出身[1]の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

大分県立日田林工高等学校では2年生の時、1980年秋季九州大会で準々決勝に進むが、築上中部高に敗退。翌1981年春季九州大会では決勝で興南高を完封し優勝を飾っている。興南高のエースは竹下浩二であったがこの試合には登板しなかった。同年夏は県予選で敗れ甲子園には出場できなかったが、右の本格派として知られた。

1981年のドラフト阪神タイガース電電九州右田一彦投手を1位指名するが、抽選で右田は横浜大洋ホエールズに獲得され、外れ1位として指名された。美しいフォームで入団当初は「村山2世」と呼ばれ、将来を嘱望された。

1982年のキャンプ打ち上げ後の紅白戦で実戦登板し、掛布雅之らを抑える好投を見せるが、翌日の練習中に右大腿二頭筋断裂で全治2カ月の重傷を負う[2]。その後は結局一軍に一度も上がることなく、1986年に現役引退した。成長期に体に負担がかかるフォームであったことが原因だったとも言われているが、阪神OBの評論家・江本孟紀は「体もできあがっていないのに、有料紅白戦の客寄せパンダに使って、新しい逸材を壊してしまった」「無理させず基礎トレーニングを積ませておけば良かった」と当時の阪神首脳陣を批判した[3]。球速は速かったらしく、掛布がある番組で「怪我さえなければ間違いなく活躍していた選手だった」と発言している。引退後、妻の実家のあった滋賀県で「源五郎丸スポーツ&薬局」を開店した。

「GENGOROUMARU」[編集]

入団後は「源五郎丸」の名字にも注目が集まり、GENGOROUMARUと12文字にも及ぶローマ字がユニフォームに正しく収まるかで議論が起こり、収まらない場合は最悪背番号を囲んで丸く書くか、上下2段にすることも考えられたらしい(実際は問題なく収まった)[4]

堤内健TSUTSUMIUCHI中野渡進NAKANOWATARIと並び、NPBの選手の中でもっとも長いユニフォームの英名であったが、2007年ロッテに入団した下敷領悠太SHIMOSHIKIRYOが13文字で最長となった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 17 (1982年 - 1986年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「時代」を彩った男と女・あの人は今 元阪神タイガース・源五郎丸洋
  2. ^ “猛虎人国記(10)~大分県~「怪童再来」源五郎丸の悲劇”. スポーツニッポン. (2012年3月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/mouko/kiji/K20120327002918950.html 2015年9月25日閲覧。 
  3. ^ 江本孟紀・著『プロ野球を10倍楽しく見る方法』 ワニブックス
  4. ^ 1983年には、同じく12文字のスティーブ・ストローターS.STROUGHTER - 当時の阪神は、外国人選手のファーストネームの頭文字を入れるのが慣例となっていた)が同僚だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]