源三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

源三郎(げんざぶろう、生没年不詳)は江戸時代奈良浮世絵師。一般的には蒔絵師源三郎として知られている。

来歴[編集]

元禄から宝永頃、吉田半兵衛の後継者として活躍している。元禄3年(1690年)刊行の『人倫訓蒙図彙』1、2巻が源三郎による確実な作画のものとされる。ほかに源三郎の署名のある版本はない。浮世草子で『世間胸算用』(元禄5年)、『西鶴置土産』(元禄6年)など井原西鶴作のもののほか、宝永2年刊行の錦文流作の『棠(からなし)太門屋敷』や宝永4年刊行の市中軒作の『美景蒔絵松』など多くの浮世草子の挿絵の作者として推定される[1]

住吉具慶の門人とも伝えられる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 仲田勝之助・編校『浮世絵類考』岩波文庫、1982年、53p。
  2. ^ 飯島虚心ほか『蒔絵師傳・塗師傳』吉川弘文館、1925年、39p。

参考文献[編集]